物質科学科とは?

理工学分野の深い専門性と幅広い視野を持ち、
自ら考え行動する人材を育成します。

科学技術は実験科学、理論科学、計算科学と3つの段階を経て発展してきました。そして第4番目のアプローチとしてデータ駆動型科学が重要な役割を果たすようになっています。実験技術の向上により大規模データを取得することが容易になり、それを基に計算科学を駆使して新しい知見を得る科学的手法です。そのためAIやデータサイエンスを熟知することがこれからの時代の科学技術者にとって不可欠です。理工学部ではデータ駆動型科学の基礎をしっかり身に付けて、深い専門性と幅広い視野を持った人材を育成します。

理工学部の特徴

AI・データサイエンス教育

超スマート社会(Society 5.0)を実現するためには、AI、IoT、ビッグデータ解析、データサイエンスなどに関する知識と技術を修得する必要があります。
理工学部では、情報処理の技法、基礎情報学、基礎AI学、IoTとネットワークI、超スマート社会のプラクティスの科目から構成される「情報技術人財育成プログラム」、さらには基礎データサイエンス学I・IIの履修を通じて、様々な分野の概念や手法を統合して新しい価値を創出する総合的能力を持つ人材を育成します。

留学プログラム

理工学部では、国際舞台で活躍する人材の育成に向けて、豊富な留学プログラムを整えて、学生たちに世界への扉を用意しています。単なる語学研修や受け身の学習ではなく、実践的な理工系専門教育を現地の学生と一緒に学べるプログラムです。外国に留学し、未知の国・世界で生活するという究極の実践体験を経験することは、自分を見つめ直し自信をつける良い機会です。理工学部は、世界の扉を開け学びたい学生を積極的に応援していきます。

先端機能材料や化学プロセスに携わる研究者・技術者の育成

  コースの概要
◯どんなことを学ぶのか ◯主な授業・分野
どんな人材を育てるか
◯活躍できる分野
応用化学コース 無機材料、有機材料、エネルギーに関連した化学工学からバイオプロセスまで幅広い化学の専門分野を学びます。 「化学物質」、「化学プロセス」について幅広い視点で現象を分析する能力を有し、環境と技術の調和を図ることができる視野の広い人材を育成します。
材料理工学コース 固体物理学、固体化学、金属材料学、セラミック材料学を中心として基礎科学から材料の工学的応用までの幅広い分野について学びます。 材料に関する知識と教養を研究・開発および生産技術に活用することで、豊かな地域の創生、国内・国際社会の発展に貢献できる人材を養成します。