1. ホーム
  2. 運営組織 実施組織

実施組織

図:実施・評価体制

 高校と大学の教育課程の接続性を高めるための教育実践研究を、高校教員と大学教員の協同により展開していきます。特に、学生・生徒の「未修得」状況に焦点 を当て、教員間の情報交換や新たなテキストやテストの開発を通じ、初年次生が着実に大学での学修に取り組めるように支援していきます。

 CTC は、大学と高校が協働して高大接続に取り組む場です。高大接続事業は秋田大学教育推進総合センターとの連携のもと、高校教員と大学教員が協議しながら推進していきます。

≪高校教員と大学教員の連携の場としての活用≫
  • 県内高校と大学双方の情報や教育実践の資料を収集・集約
  • 相互の授業を参観することによる生徒・学生の現状把握
  • 入試問題の質の検討
  • eラーニング、オフィスアワー活用による学修支援

ページの先頭へ