著書紹介(教育文化学部 広報委員会)

2020年05月07日

 

本学部教員の著書を紹介します。

佐藤 猛(准教授)
地域文化学科国際文化コース、国際文化講座所属
単著:『百年戦争 - 中世ヨーロッパ最後の戦い』(中公新書、2020年3月18日発行、税抜920円)


 フランスを主戦場として英仏王家が攻防を繰り広げた百年戦争(一三三七~一四五三)。イングランドの大陸領をめぐる積年の対立に、フランス王位継承権争いが絡んで勃発しました。当初イングランドが優勢でしたが、ジャンヌ・ダルクによるオルレアン解放後、フランスが巻き返して勝利します。戦乱を経て、英仏双方で国民意識はどのように生まれたか。ヨーロッパ中世に終止符を打った戦争の全貌を描き、その歴史的意義を解明します。


【目次】
序 章 中世のイングランドとフランス―一〇六六~一三四〇年
第1章 イングランドの陸海制覇―一三三七~五〇年
第2章 フランス敗戦下の混乱―一三五〇~六〇年
第3章 平和条約をめぐる駆け引き―一三六〇~八〇年
第4章 教会大分裂下の休戦と内戦―一三七八~一四一二年
第5章 英仏連合王国の盛衰―一四一三~三六年
第6章 フランス勝利への戦略―一四三七~五三年
終 章 百年戦争は何を遺したのか

著書紹介(教育文化学部 広報委員会)

2020年05月07日

 

本学部教員の著書を紹介します。

佐藤 猛(准教授)
地域文化学科国際文化コース、国際文化講座所属
単著:『百年戦争期フランス国制史研究 - 王権・諸侯国・高等法院』(北海道大学出版会、2012年10月刊行、354頁、税抜5,000円)


 革命前のフランス王国においては、王を中心とする国家統合はいかなる過程をへて進んだのでしょうか。本書では、イギリスとのあいだで百年戦争が行われた14・15世紀について、「人とモノの動員装置」としての国家が誕生するなかで、なぜ、地方君主の支配領域である諸侯領が拡大したのかのメカニズムを究明します。


【目次】
序 章 百年戦争期王国の多元的構造と国家生成―研究動向と課題
第1章 白ユリ諸侯の形成
第2章 「国ぐに」における国王統治と諸侯
第3章 パリにおける諸侯抗争と王国統治観
第4章 国王裁判権と諸侯国
終 章

【留学体験記】有意義な留学生活

2019年02月05日

※「教職員ブログ」の番外編として,平成30年度(第Ⅱ期)教育文化学部国際交流等学術研究交流基金の助成事業による支援を受けて海外留学中の教育文化学部学生に執筆していただきました。

地域文化学科 人間文化コース 秋林鮎美

 こんにちは。韓国の国立ハンバット大学校に留学中の秋林鮎美です。私の留学生活について簡単ながら紹介したいと思います。
 まず大学での授業は、韓国語の授業と学科の授業を聞いています。韓国語の授業では、初級、中級、高級に分かれていて私は中級を受講しましたが先生が面白く丁寧に教えてくださるので難しくなかったです。そして、学科の授業では韓国人学生に混ざって聞くので専門性の高い単語や難しい表現も多く、そのおかげでさらに韓国語の実力が伸びたと思います。
 また日々の生活もとても充実しています。私の所属が日本語科ということもあり日本に関心がある学生が多く、友達がたくさんできました。その友達との付き合いの中で韓国の文化や日本との違いを学べて、有意義な時間を過ごしていると感じています。
 留学に来て約半年が過ぎましたが、沢山のいい経験ができた嬉しさと同時に時間の早さを感じています。残りの半年は今まで以上に意味のある時間を過ごし、最後まで後悔のない留学生活を送りたいです。

学校の様子


 


 

【留学体験記】イタリア留学生活

2019年02月01日

※「教職員ブログ」の番外編として,平成30年度(第Ⅱ期)教育文化学部国際交流等学術研究交流基金の助成事業による支援を受けて海外留学中の教育文化学部学生に執筆していただきました。

地域文化学科 人間文化コース 澁川早紀

 私は、イタリア本土の西に位置するサールデーニャ島で留学生活を送っています。自然豊かで、気候も温暖なこの島は、夏は美しいビーチを目当てに多くの観光客が訪れます。もちろん本場のイタリア料理も絶品です。
 カリアリ大学では、言語学とイタリアの公用語であるイタリア語の授業を選択し、勉学に励んでいます。その他にも、留学生は自分の学びたい分野の授業を自由に選び履修することができます。日本人が全くいない環境で、英語・イタリア語に毎日触れることが出来るこの土地はとても贅沢だと感じています。
 そして、ここでの留学生活は常に新たな価値観を与えてくれます。多くの現地学生や、1学期に200人以上集まる留学生の仲間たちは、常に勉強も遊びも全力で、そんな彼らの姿に多くの刺激を受けながら、毎日を過ごしています。異国文化に揉まれながら、残りの留学生活も悔いが残らないよう日々全力で過ごしたいと思います。

留学生の仲間たちと海へ

 


 

【留学体験記】私の留学生活

2019年01月15日

※「教職員ブログ」の番外編として,平成30年度(第Ⅱ期)教育文化学部国際交流等学術研究交流基金の助成事業による支援を受けて海外留学中の教育文化学部学生に執筆していただきました。

地域文化学科 人間文化コース 三浦純玲

・学習内容
 中国語と英語の授業を週3コマずつ受けています。授業時間は中国語が3時間、英語が2時間です。どちらもネイティブの先生なので、日本語はもちろん使えません。中国語は基礎からやり直しました。だんだん使える語彙が増えていき、自分の伝えたいことを伝えられるようになる楽しさを実感しています。また、台湾に留学することを決めた理由の一つが、英語の授業に参加することができたからです。留学中に2つの言語を勉強することは大変ですが、とても充実しています。
・台湾の生活、環境
 私は龍華科技大学の寮で生活しています。4人部屋で、全員国籍は違います。秋田では実家暮らしをしていたので、いきなり言葉も通じない人たちと同じ部屋で生活を共にするのは不安がありましたが、徐々に慣れました。台湾は交通費や食費(寮にキッチンがないため全て外食)も比較的安く済みます。日本の商品も、割高ですが至る所に売っているので、心配する必要はありません。時間がある時には友人と台北へ出かけたり、連休には足を伸ばして台中まで行ったりしました。自分の行動力次第で、留学はより有意義なものになると思います。

年越し旅行 日月潭にて



 


 

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>