これまでの活動

これまでの活動

思わず参加してみたくなる。でも、楽しいだけじゃなくてちゃんとタメになる。一人でも参加できる安心感がある。でも、ドキドキワクワクするような期待感もある。正解がないからこそ、スタッフみんなで話し合い、いろんなアイディアを試してきました。

ときには運営スタッフも参加者に交じってわいわい話すことも。目指すのは「学生の、学生による、学生のためのあきた未来カフェ」
学年も立場も越えて、そこに関わるみんなでつくりあげるような場に育っていってほしい、そう願っています。

2017.11
みんな、どうやってやりたいことを見つけるんですか?

やりたいことがわからない、そんなモヤモヤを抱える学生と、秋田で楽しく働く社会人が、様々なテーマで率直に語り合いました。お互いのリアルな生活に触れ、日常に少し変化をもたらすきっかけに。

(学生16名/社会人16名)

2018.2
自分なりの”小さな一歩”を考えるワークショップ

大学生活を変える”小さな一歩”は、ちょっとしたコミュニケーションから生まれるかもしれない。初めて会う社会人とペアになり、講師の羽山暁子さんから「コーチング」の手法を実践しながら学びました。

(学生9名/社会人9名)

2018.6
第1回 はじめましてを面白がる会

緊張しがちな「はじめまして」を、どうやったらオモシロクできるんだろう?ラジオパーソナリティの藤田ゆうみんさんにその秘訣を教えてもらいました。第一回のテーマは「聞く」。相手が思わず話したくなる聞き方を学びました。

(学生12名)

2018.7
第2回 はじめましてを面白がる会

第2回のテーマは「話す」。”自分らしく話す”ことを意識し、自然体のコミュニケーションを実践する会。引き続き藤田ゆうみんさんを講師にお招きし、会場は白熱するトークで大盛り上がり。話す楽しさを実感する機会になりました。

(学生9名)

2018.11
たのしく悩むカフェ

”悩む”って苦しいことだよね」、そんな学生たちの声から生まれたこの企画。学生と社会人が入り混じり、深く対話する時間が生まれました。企画運営から司会進行まで学生だけで実施した初めての会ながら、満足度は5点満点で平均4.75点!!

(学生12名/社会人12名)

2018.12
話して分かる自分の一年

多忙な師走、日々の振り返りをする時間がない。自分1人でする気にもなれない。そこで、みんなで一緒に1年を振り返られる双六を考案。ゲーム感覚で会話を楽しみながら、他の人から感想をもらうことで、1年の学びや気づきが多面的に浮かび上がりました。

(学生8名)

2019.1
世界を変える自分の目標

1年を振り返った後は、新年の目標を立てたいですよね。そこで、普段の生活をより実りあるものにして、自分の世界に変化をもたらそうと企画しました。他人から目標を立ててもらうという「タニモク」の手法も取り入れ、面白く自分らしい目標が続々!

(学生7名)

ご参加いただいた企業・団体の皆さま

  • 秋田県秋田地域振興局 様
  • 秋田県厚生農業協同組合連合会 様
  • 秋田県庁 様
  • 秋田ノーザンハピネッツ株式会社 様
  • 株式会社イヤタカ 様
  • 羽後町役場 様
  • 男鹿市役所 様
  • 小林工業株式会社
  • 株式会社斉藤光学製作所 様
  • 三共株式会社 様
  • 太平自動車学校 様
  • 太陽印刷株式会社 様
  • 株式会社東北用地測量社 様
  • 有限会社ぬまくら 様
  • ハバタク株式会社 様
  • Hostel&Bar CAMOSHIBA 様
  • むつみ造園土木株式会社 様
  • 株式会社むつみワールド 様
  • 有限会社武藤工芸鋳物 様
  • 由利本荘市役所 様

あきた未来カフェ参加者の声

これまで開催されたあきた未来カフェにご参加いただいた学生・社会人の皆さんの声を掲載しています。
学生だけではなく、社会人にとっても気づきの生まれる「あきた未来カフェ」。
学校生活や就職活動だけではなく生き方や恋愛まで、広く意見を交換していきませんか?

学年も、コースも、興味を持っていることも違う人ばかり2で新鮮で、知らない人と話すのが楽しいと感じることができました。コース選択で悩んでいましたが、今やりたいことや興味あることに挑戦している社会人の方の姿を見て、自分も失敗を恐れずにチャレンジしようと思いました。自分を変える機会をくれてありがとうございます!

(秋田大学2年 塚本杏奈/参加 2018年6月.11月)

ちょうど就活に思い悩んでいたときに、社会人の方がどのような想いで働いているのかを知りたいというのが参加の動機でした。積極的に学生と話をしようとしてくださる方ばかりで、人生の良いことも悪いことも話してくださったのが良かったです。また、 他の人と話すことで、自分のこれまでをポジティブに捉えられるようになりました。

(秋田大学4年 加賀谷瑞樹/参加 2018年11月.12月・2019年1月)

場の雰囲気が和やかで居心地がよかった。今まで、進路は間違えるとそこでアウトだと思っていたけれど、社会人の方も転職したりしていて、何度でもやり直せるということを学んだ。社会に出ることへの不安が少し和らいだ。まさかあの場で恋愛話をするとは思わなかったけど、いろんな人の人生観を垣間見れて面白かった。

(秋田大学3年 小松舞子/参加 2018年6月.11月)

あきた未来カフェを通じて、責任感を持ってチャレンジする姿勢を学べたのが良かったです。周りのスタッフのおかげで、忙殺されそうなときも「自分と向き合って成長したい」という気持ちを持ち続けることができました。これから社会に出ますが、何をするにも「自分はどうしたいか」を考えることをこれからも大切にしていきたいです。

(あきた未来カフェOB 澤口駿亮/現在社会人1年目)

自分のことを話すのは緊張したが、聞いている側の反応が良くて楽しかった。

(学生/参加:2018年6月)

学生の悩みを知るという観点から興味深かったです。

(社会人/参加:2017年11月)

人生の転機やそのチャンスをどう拾ったのかポイントとなるところを聞けたと思う。

(社会人/参加:2017年11月)

ゆっくり自分に向き合うときや、自分について考えることがなかなかないのでいい機会だった。

(社会人/参加:2018年2月)

時間が足りないくらい、内容の濃いイベントだった。

(社会人/参加:2018年11月)

今後もこういう機会を作って欲しいです!

(学生/参加:2019年1月)

年別比較と学年別参加者数

イベント数、参加者数共に年々増加しています。 今後も少しずつ輪が広がるといいな。

  2017 2018 2019
イベント数 2 5 9
学生数 18 36 ?
社会人数 5 13 ?