保健管理センターからのお知らせ

  1. ホーム
  2. 保健管理センターからのお知らせ
  3. 西アフリカでエボラ出血熱が流行(1)

西アフリカでエボラ出血熱が流行(1)

 2014年3月以降、西アフリカのギニア、シエラレオーネおよびリベリアを中心にエボラ出血熱が流行しています。これに伴い、本邦外務省より発生国に関する感染症危険情報が出されています。
 エボラ出血熱は、エボラウイルスによる感染症で、ウイルスに感染し症状がでている人の血液や体液、それらの汚染物およびウイルス感染動物に直接触れた際に感染の危険が生じます。症状は発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、咽頭痛などの後、下痢、嘔吐、発疹、腹痛、出血(吐血、下血)などが生じます。現時点で、ワクチンや特別な治療法はありません。
 西アフリカへ渡航の必要がある人は、現地の情報に十分注意して下さい。手洗いなどの基本的な衛生対策を確実に行って下さい。また、感染した人の血液や体液、それらの汚染物およびウイルス感染動物には触れないで下さい。
 全国の検疫所では、エボラ出血熱発生国からの本邦入国に際し、健康状態などの検疫を行っています。適切に対応して下さい。

 最新の情報に注意して下さい。
 詳細は下記サイトを参照して下さい(本文も下記サイトより引用しました)。

厚生労働省検疫所 FORTH
http://www.forth.go.jp/
厚生労働省 エボラ出血熱について
http://www.mhlw.go.jp/
外務省 海外安全ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/
国立感染症研究所 感染症情報
http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/alphabet/mers.html


                               平成26年10月21日
                             秋田大学保健管理センター

 

利用時間

月曜日〜金曜日

午前8:30〜午後5:00

受付

受付

保健管理センター事務室

内科相談

悩み事、心の相談

毎日
学外カウンセラーの相談日 毎日
眼科、耳鼻咽喉科の相談 毎月1回

看護師が 常駐しておりますので、 身体・心の相談など、いつでもお気軽にお越しください。

  • 健康相談の日時はこちら
  • カウンセリング日時のご案内
  • AED情報
  • 夜間・土日祝日の医療機関はこちら