切除不能・再発食道癌に対する複合免疫療法および免疫・化学併用療法が生存期間を延長

 

秋田大学医学部附属病院が主な施設として参加したグローバル治験により、切除不能・再発食道癌患者に、免疫療法薬であるニボルマブ(商品名:オプジーボ)とイピリムマブ(商品名:ヤーボイ)を併用した治療および免疫療法薬であるニボルマブと化学療法を併用した治療を行うことで、患者の全生存期間が標準的化学療法を実施した患者と比較して有意に延長されることが示されました。・・・・・