2019年 言語と文化コロキウムを開催いたします。

 

下記の通りイベントを開催いたします。

タイトル 2019年 言語と文化コロキウム 
Speaker: Sharon Hinda, Avi Shalev, Tel Aviv Magistrates Court
講演者  イスラエル・テル アビブ 民法裁判所 判事
 シャロン・ヒンダ & アヴィ・シャレヴ
演題:  'Courts without a constitution: how Israeli court treats gender, sexuality, and reproductive issues'
「憲法を持たない国の裁判:いかにしてイスラエルはジェンダー、セクシュアリティー、再生産の問題に向き合うのか」
日時 2019年 5月 7 日(火)
May 7, Tuesday 2019
   17:40 - 18:50
場所 60周年記念ホール 60th Anniversary Hall, Akita University
内容 イスラエルは1948年の建国以来、政治・宗教的理由から憲法がない。また、国家と宗教の分断がなされていない。
私たちはこの憲法のない国の法制度におけるLGBTの法的権利について論じたい。
同姓婚、親権、養子縁組といった問題を通して、イスラエル最高裁判所が独立宣言時に作成された法律と平等の原則をどのように解釈しているのか考察する。
宗教と人権との間のバランス、LGBTを法的に認め、現代の家族の権利を守る必要性があることについて述べたいと思う。
また、近年発展を見せた地中海の天然ガスについての法規制についても紹介しよう。
Israel is a state established in 1948. Israel does not have a constitution due to political and religious reasons. Additionally, there is no separation between state and religion. In our talk we will discuss the legal rights of sexual minorities, the L.G.B.T, in a no constitutional legal system. We will discuss issues of same sex marriage, parenthood, adoption, and review the way the Israeli supreme court interprets the laws based on the Israel's Declaration of Independence and principles of equality. We will review the solutions that the court found in order to balance the religious perception with human's rights and the need to recognize LGBT and modern family rights. We will also review Israeli court rules involving laws concerning natural resources such as gas that recently developed in the Mediterranean Sea.
> Keyword : constitution, sexual minorities, equality, religion, natural resource
対象 学生・一般 (講演:英語。通訳つき)
参加費 なし
問合せ先 TEL:(018)889-2633
FAX:(018)889-2633
E-mail:miyake@gipc.akita-u.ac.jp
担当部局等:秋田大学 国際資源学部
      資源政策コース 三宅研究室