秋田大学の研究成果が学術雑誌「Journal of Power Sources」にオンライン掲載 高性能リチウムイオン蓄電デバイスの正極および負極材料を「もみ殻」から製造することに成功

 

秋田大学大学院理工学研究科の熊谷誠治教授らの研究グループは、電気化学系蓄電デバイスの一つであるリチウムイオンキャパシタの正極、負極両材料を「もみ殻」から製造することに成功しました。・・・・・