「ふるさとの未来・再考!」フォーラムにおいて北秋田分校長がコーディネーターを務めました。

 

               会場の様子

 

     コーディネーターを務めた濱田北秋田分校長

 

               発表の様子

 

 11月26日に北秋田市で、チョこボラ(チョっと公民館でボランティア)・プロジェクト第1弾「ふるさとの未来・再考!」フォーラム(北秋田市教育委員会主催、北秋田分校共催)が開催されました。
 第1ステージでは「内陸線の未来を見つめて」をテーマに小学生から大学生による学習・研究発表が行われ、濱田純北秋田分校長がコーディネーターを務めました。秋田大学からは工学資源学部環境応用化学科2年の伊藤晴樹さんが今まで取り組んできたトレイン・ミーティングから考察した内容を地域活性化の提案として、「エコツーリズムなどで地域を案内するボランティアの育成が必要」などと指摘しました。
 この学習・研究発表は「小中高大」が一堂に会し、同じテーマのもとに学習・研究発表を行うという今までにないスタイルのフォーラムであったため、多くの注目を浴び、多くの市民が集まりました。
 濱田純北秋田分校長は「これだけの発表ができるのだから、自分自身と地域に自信と誇りを持ってほしい。今日のみなさんの発表は、一生懸命勉強して自分たちができることについて教えてくれた。今度はその発表を聞いた私たちが、自分自身にできること、北秋田市民としてできることを考えなければならない」と述べて、学習・研究発表のまとめとしました。