秋田大学教育文化学部附属中学校が公開研究協議会を開催

 

社会科の授業風景

 

理科の授業風景

 

講演する森教授

 

秋田大学教育文化学部附属中学校は5月31日、令和元年度公開研究協議会を本学保戸野キャンパスで開催しました。
本研究協議会は、本学教育文化学部との共同研究の成果を公開し、秋田県における中学校教育の推進を目的に開催しており、今回は「共に未来を切り拓く 開かれた個」をテーマに公開授業や各教科別の分科会を実施しました。また、同学部こども発達・特別支援講座の森和彦教授を講師として招き、「生徒の批判的思考力を磨くための授業開発研究」と題して講演がありました。
当日は、県内外の教員や本学の学生約451名が参加し、公開授業では参加者が教室に入りきらない場面もあり、その関心の高さをうかがわれました。
同校では、平成30年度から3年計画で予測困難な近未来の社会において、他者と協働し、新たな価値を創造する資質・能力を育む研究を進めています。2年次に当たる令和元年度は思考の可視化を図るための「ミエルトーク」と、前向きに考えるための態度を育てる「NES評価」を活用した授業改善に焦点を当てた実践研究に取り組むこととしています。