秋田大学、手形キャンパスで総合防災訓練を実施

 

消火器使用の訓練

 

地震体験車によるデモンストレーション

 

挨拶する山本学長

 

秋田大学は7月16日、本学手形キャンパスで教職員・学生らを対象に総合防災訓練を
実施しました。
この訓練は、本学の教職員・学生の防災意識の向上及び大規模地震発生時における避難の心構えを習得することを目的として毎年実施されています。
秋田市において震度6強の地震が発生し、一部の建物で火災または破損し、全館停電したという想定の下で訓練が行われ、緊急時の連絡体制や避難手順・経路などを入念に確認しました。
全体での防災訓練後には消火器等の使用方法を確認する訓練や地震体験車による大地震デモンストレーションも行われ、参加者は緊急時に迅速な初動対応ができるよう、真剣な面持ちで手順の確認や大地震の揺れを体験していました。
本学の山本文雄学長からは「学生諸君におかれては、災害時にどのような行動をとるべきか常日頃から考えながら行動してほしい」との挨拶がありました。