秋田大学、「令和元年度文部科学大臣優秀教職員表彰」受賞の教諭が学長へ受賞報告

 

学長(左)に受賞を報告する菅野教諭(右)

 

記念撮影の様子(左から成田附属小学校長、菅野教諭、千葉附属小学副校長)

 

 秋田大学教育文化学部附属小学校の菅野宣衛教諭が1月14日、「令和元年度文部科学大臣優秀教職員表彰」を受賞しました。文部科学省では、学校教育における教育実践等に顕著な成果を上げた教職員や教職員組織についてその功績を表彰しており、菅野教諭は実践分野「学習指導における特に顕著な成果」での受賞となりました。菅野教諭は、研究主任として4年間にわたりその力を十分に発揮するとともに、文部科学省平成28~29年度委託事業「教科の本質的な学びを踏まえたアクティブ・ラーニングの視点からの学習・指導方法の改善のための実践研究」においても実践研究の推進に尽力するなど、研究の成果を全国的に広く発信することができました。
 1月30日には菅野教諭、成田雅樹附属小学校長、千葉圭子附属小学副校長が本学の山本文雄学長に受賞を報告しました。