秋田大学教育文化学部附属小学校の運動会をオンラインで配信

 

 

 

 

 秋田大学教育文化学部附属小学校は9月11日、新型コロナウイルス(以下、コロナ)感染防止のため保護者の観覧を取りやめ、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」でライブ配信しました。保護者らは自宅などで画面越しに応援しました。
 午前8時過ぎに配信をスタートし、8時40分には運動会の開始を告げるアナウンスが流れました。外池智校長や児童代表のあいさつが行われ、競技がスタートしました。徒競走では、児童がカメラの前を勢いよく駆け抜けました。児童たちは声を張り上げず拍手のみで応援しました。
 本校が学校行事をオンライン配信するのは初めてです。運動会を巡っては、コロナの感染拡大を受け、中止を決めた学校もあるが、同校は感染対策を講じて実施しました。配信は保護者に運動会の雰囲気を伝えたいと、教員らが手探りで行いました。
児童からは「お父さんお母さんが近くにいなくて少し寂しいけど、見てもらえてうれしい」という話が聞かれました。