秋田大学、期日前投票所を設置・学生ボランティアが運営サポート

 

投票用紙を交付する学生ボランティア

 

投票に訪れた学生や地域住民ら

 

秋田大学では学生の選挙への参加意識を高めるために、秋田市選挙管理委員会と協力して本学手形キャンパスに期日前投票所を設置しました。7月10日に参議院議員選挙の期日前投票が行われ、本学に期日前投票所が設置されたのは6回目となりました。
投票所の運営は、市選管担当者の指導の下、本学学生ボランティア38名で行われ、投票に訪れた学生・教職員、地域住民の誘導や投票所の受付、投票用紙交付等の業務を担いました。
今回行われた参議院議員選挙の本学での投票者数は422名ほどとなり、投票所設置の周知が進んだことに加え、「18歳選挙権」に対する意識が学生に浸透していることなどから多くの投票者が訪れていました。