大学講座「超スマート社会のプラクティス」を開催

 

 秋田大学(学長:山本文雄)は、11月26日(土)より大学講座「超スマート社会のプラクティス」を開催します。
 コロナ禍において、私たちはインターネットを活用する機会が多くなりました。インターネットを基盤として、AI(人工知能)やロボット、IoT(Internet of Things)などを利活用し「必要なもの・サービスを、必要な人に、必要な時に、必要なだけ提供し、社会の様々なニーズにきめ細かに対応でき、あらゆる人が質の高いサービスを受けられ、年齢、性別、地域、言語といった様々な違いを乗り越え、活き活きと快適に暮らすことができる社会(超スマート社会)」の実現が望まれています。・・・・・