野球少年向け投球障害予防教室の研究報告が国際医学雑誌に掲載されました!

 

 

秋田大学では平成29年度より大仙市や男鹿市、北秋田市の各自治体のご協力のもと、野球少年向け投球障害予防教室を開催しています。
この度、当教室に関連する以下の研究報告が、国際医学誌The Physician and Sportsmedicineに掲載されました。本研究では、少年野球選手を対象に腕(前腕)の筋の硬さを超音波エラストグラフィという機器を用いて調査しました。その結果、野球肘を有する選手では投球側の浅指屈筋(指を握る筋)および投球側・非投球側の円回内筋(腕を内側に捻る筋)が硬く、これらは野球肘の有病率と関連がある事が明らかとなりました(写真を参照:野球肘では青色の部分が多く、筋が硬いことを示しています)。本研究結果は、成長期の野球選手を評価する際に役立つだけでなく、野球肘の予防ならびに治療介入する際にも有用なデータになると考えています。

Saito A, Okada K, Shibata K, Sato H, Kamada T: High elasticity of the flexor carpi ulnaris and pronator teres muscles is associated with medial elbow injuries in youth baseball players. Phys Sportsmed 2021; (Ahead of print) https:// doi.org/10.1080/00913847.2021.1954861