1. ホーム
  2. 国際交流
  3. チューター制度について

チューター制度

チューターとは、留学生が秋田大学で自分の目的を果たせるように、留学生の学習や研究、生活全般に関するサポートをする学生のことです。
チューター活動を通して、チューター学生の国際理解・国際協力への関心も高めることができます。

1.チューターの活動

チューターの活動は、月10時間程度で、多くのチューターが1週間に1回程度(1時間から2時間程度)活動しています。
日常生活上の悩みを聞いてアドバイスすることや、予習・復習の手伝いやレポートの補助的な添削といった日本語学習のサポートです。また、留学生が日本でやってみたいことへの橋渡し役としてのサポートもお願いしています。
活動期間は原則として、一学期または一学年です(留学生の在籍期間による)。活動を行ったチューターには、規定の謝金が支払われます。

2.チューターへの支援

秋田大学では、チューター活動を行うときのアドバイスや注意点がわかるチューター説明会を行っており、留学生と接したことのない学生でも安心して取り組めるようになっています。また、活動していく上で困ったことがあった場合には、いつでも高等教育グローバルセンターの教員に相談することができます。

3.チューターへの応募

高等教育グローバルセンターでは、一学期または一学年在籍する大学間交流協定校からの特別聴講学生等をサポートするチューターを募集しています。
チューターを希望する場合は、「チューター登録票・志望理由書」を以下のリンクからダウンロードし、国際課留学生交流・支援担当(一般教育棟1号館2階)まで提出してください。
チューターは随時募集しています。なお、前期の選考は3月上旬、後期の選考は9月上旬に行います。ただし、留学生の人数や所属、希望内容等によって、チューターとして選ばれない場合があります。

チューター募集要項
チューター登録票・志望理由書

秋田大学70周年