JSPS研究拠点形成事業第1回ミーティングを開催しました

 

2021年度採択されたJSPS研究拠点形成事業「中央アジア経済移行国の持続的資源開発を目指した若手資源情報研究者育成拠点の構築」の第1回ミーティングを5月18日にオンラインで行いました。
ミーティングには、本事業の海外拠点機関であるモンゴル科学技術大学(モンゴル)、ナザルバエフ大学(カザフスタン)、ナヴォイ鉱業大学(ウズベキスタン)、タジキスタン科学アカデミー(タジキスタン)、アサナリフ地質・鉱業・天然資源開発大学(キルギス)のコーディネーターと、秋田大学関係教員が出席しました。柴山センター長から、秋田大学、国際資源学教育研究センター、そして今回の事業内容の詳細について説明を行い、関係者全員で本事業の意義と目的、スケジュールを確認・共有することで、今後の交流の推進に弾みをつけるミーティングとなりました。