NEWS&TOPICS
NEWS&TOPICS

本研究科 稲垣文昭講師、川村洋平教授が「中央アジア+日本」対話・第6回専門家会合にパネリストとして参加します

3月18日(木)に、外務省と一般財団法人日本エネルギー経済研究所の共催により「中央アジア+日本」対話・第6回専門家会合「クリーンエネルギー開発と中央アジアの新たな可能性」が開催され、資源政策コースの稲垣文昭講師、資源開発環境学専攻の川村洋平教授が、セッション2「中央アジアの鉱物資源ポテンシャルとクリーン且つ持続可能な発展に向けて」にパネリストとして参加いたします。
詳しくは下記をご覧ください。


「中央アジア+日本」対話・第6回専門家会合 クリーンエネルギー開発と中央アジアの新たな可能性
開催日時:2021年3月18日(木曜日)15時から18時
     Zoomによるオンライン形式、参加無料(要事前申込み)
言  語:日本語・ロシア語(同時通訳)
プログラム(予定):
15時00分-15時05分 外務省開会挨拶
15時05分-15時30分 基調講演「低炭素化に向かう世界と中央アジア:国際協力の新段階に向けて」(仮題)
           講演者 伊藤庄一(一般財団法人日本エネルギー経済研究所戦略研究ユニット研究主幹)
15時30分-15時40分 休憩
15時40分-16時40分 セッション1「中央アジア諸国のクリーンエネルギー政策の現況と課題」
           モデレーター 伊藤庄一(同上)
           パネリスト 中央アジア5か国から各1名
16時40分-16時45分 休憩
16時45分-17時45分 セッション2「中央アジアの鉱物資源ポテンシャルとクリーン且つ持続可能な発展に向けて」
            モデレーター 田邉秀樹(独立行政法人国際協力機構(JICA)東・中央アジア部次長)
            パネリスト 稲垣文昭(秋田大学国際資源研究科)及び中央アジア5か国から各1名
17時45分-18時00分 質疑応答