STAFF

STAFF

STAFF

ALL Roomsでは、Learning by the students for the studentsの活動を基本理念とし、トレーニングを受けた日本人の学生スタッフと留学生が本学独自の「学内インターンシップ制度」(AUSS)を使用して、働いています。学生スタッフは、三年次までに最低TOEIC730点、4年次では最低TOEIC860点は超える英語力を求められ、卒業までには多くのスタッフが900点を軽々と超える英語力はもちろんのこと、人間的にも魅力的な人たちの集まりです。 英語が大好き・人と話すのが好きなスタッフが皆さんの英語学習をアシストします!

構成学生メンバー

留学生と日本人学生から構成される約10名程度で運営しています。スタッフに採用されるためには厳しい条件があり、スタッフとして加わってからも、OJT (On the Job Training)で、鍛錬の日々を過ごすため、優秀な学生スタッフが育っているのです。 (現在までの留学生の出身国:フィンランド、ケニア、イスラエル、ルーマニア、オーストラリア、アメリカ、ウクライナ、モンゴル等)

学生スタッフのスゴいところ

  • 本学の英語精鋭部隊
  • 2年終了時までTOEIC730点卒業時までには860点を超えることが原則。最高点は970点!すぐれたスタッフには副学長表彰が贈られます。
  • 皆、第一言語は日本語。つまり、どうやって英語を学ぶかを実体験としてもっています。

構 成

構成

二年生以上の学生スタッフと外国人スタッフと教員一名で運営しています。日本人学生は教育・理工・国際資源と、様々な学部のメンバーから構成されています。留学生の過去の出身国の例は、アメリカ・イスラエル・ルーマニア・ケニア・オーストラリア・ボリビア・ウクライナ・モンゴル・フィンランドなど

このようにシフトを組んでスタッフが常駐しているので、いつ来ても大丈夫です!

過去のスタッフコメント

不和 勢登
不和 勢登
(R2年度卒・Student Leader)

ALL Roomsに初めて入ったとき、私は一言も英語を話すことが出来ませんでした。しかし今ではALL Roomsのリーダーとして、英語でスムーズにコミュニケーションをとることが出来る様になりました。英語が好きな人、少しでも憧れがある人は是非一度立ち寄ってみて下さい。また大学生活で何か新しいことを始めたいな、そう思っている人も大歓迎です。大学生活では何かに熱中することが大切だと自分の卒業に際して思います。部活でもサークルでもいいと思います。ここ、ALL Roomsではあなたを英会話に熱中させてくれる環境があります。初めは緊張するし、言葉が出なくて悔しい思いをすることもあると思います。でも続けて通っていれば少しずつ進歩していきます。私は卒業しますが、素晴らしいスタッフがあなたを迎えてくれることと思います。また私もALL Roomsに帰ってくると思います。そのときには色んな話をしましょう。まだ見ぬ皆さんに会える日を楽しみにしています。

佐藤 美晴
佐藤 美晴
(R2年度卒)

出身
秋田県秋田市 (仙台白百合学園高等学校卒業)
経歴
カナダ Gus Wetter Schoolに高校留学, 上智大学英文学科卒業後, 都内のホテルに勤務, その後秋田大学に編入
英語力
英検準1級
進路
秋田令和高校

オールルームのスタッフとして過ごしたことで、人と会うこと、人と話すことが大好きになりました。私の場合、1年間だけですが、働かせていただいたことに本当に感謝しています。オールルームには、国籍、学部、年齢等の違いから生じる壁が一切なく、その人の個性を尊重する雰囲気があると思います。とても温かく、優秀なスタッフに囲まれ過ごせたことで、今の現状に満足せず努力し続ける姿勢と、新しいことに挑戦する姿勢も身につけられました。

石塚 光里
石塚 光里
(R2年度卒)

出身
山形県山形市
経歴
フィンランド ラップランド応用科学大学留学
進路
独立行政法人高齢障害求職者支援機構にて勤務

英語が全くできず、高校の単語テストでは毎回再テストだった私が、留学を実現することができました。オールルームズのおかげです!私はオールルームズに毎日のように通い、個性あふれる友人達、先輩に出会い英語学習がとても楽しくなりました。それから、留学を通し、英語をツールとして、自分の興味のある分野の勉強、活動を行うことができました。英語が全くできない、けれど挑戦したいんだという人、同じような道を経験したスタッフがオールルームズで待っています。
英語が楽しくて、もっと話したいんだという方も、どんどんオールルームズに行ってみてください。

佐藤 彩佳
佐藤 彩佳
(R1年度卒)
県内高校の英語教師

【オールルームズを振り返って】
入学当初はもちろん私も行くのが怖かったです。それでもブレない目標と切磋琢磨し合える仲間のおかげで通い続けられました。
小さい頃からの夢であった留学をすることと、教師になることを実現できたのはオールルームズがあったからだと感じています。

【私の英語力が伸びた時の英語勉強法】
①英単語25語勉強する。意味、発音、スペルの確認と例文読むところまで。
②Japan Timesの短い記事を1~2つ速読する。(どうしても意味知りたい単語は後から調べる。)
③海外ドラマ”Friends”の10分字幕なしでディクテーションする。その後字幕つけて答え合わせ。その後同じシーンのシャドーイングを納得がいくまでする。
④英単語25語勉強する。(①とは違う範囲の)
を毎日繰り返す。単語は、前の日にやった50語の復習からはいり、分からなかったものは次の日も復習する。

【TOEIC score】
960

高橋真里奈
高橋 真里奈

出身
秋田県横手市(城南高校)
経歴
オーストラリア・グリフィス大学留学
英語力
TOEIC 945点

オールルームの良いところは、人に会えることです。英語学習は1人でもできます。しかし、ともに英語を学び切磋琢磨できる仲間を得られる、これはとても貴重な体験だと思います。日本国内にいながら周囲を気にせず、英語を話せる環境があること、自分の学習の成果を試す場所があること、日々自分をインスパイアしてくれる仲間や先輩に出会えたこと、これらはオールルームでしか得られない経験でした。もちろん努力なしで英語の習得は難しいです、しかし自らの自発性Autonomous Leaningを刺激してくれる環境があるということをみなさんに知って頂きたいです。。

佐藤華奈
佐藤 華奈

出身
秋田県由利本荘市(本荘高校)
経歴
オーストラリア・グリフィス大学留学
英語力
TOEIC 955点
進路
オーストラリア・ゴールドコーストにてホテル勤務

卒業後の進路もあまり考えてなかった大学1年生の時に、とりあえず自分の好きな英語のスキルを伸ばしたいとThe ALL Roomsに通い始めたのですが、最終的にはスタッフとして働かせてもらい、そこで得た英語力と異文化コミュニケーション能力を生かして、今ではオーストラリアのホテルで日々世界各国から訪れるお客様を相手に仕事をしています。私にとってThe ALL Roomsは、何となく海外で仕事してみたいなという昔からのぼんやりとした思いを明確にし、実現に向けてモチベーションを与えてくれた本当に大きな存在です。

教員紹介

Dr. Yo Hamada
Dr. Yo Hamada

【出身校】
秋田高校卒業、中央大学(学士)、Temple University (修士)、広島大学(博士)

【職歴】
東京都立永山高校、日出学園高校(現在目黒日本大学高校)、秋田県立横手清陵学院高校を経て秋田大学赴任。

ALL ROOMsのスタッフは口を揃えて「ALL ROOMsで過ごせてよかった」といって卒業していきます。英語力を伸ばしたい人はもちろん、人としてもかけがえのない学びが広がる空間です。サークルでもなく授業でもなく、なんの縛りもない、「集まりたい人が集まり、英語習得とともに輪を構築できる」不思議な場所です。