女子中高生の理系進路選択支援プログラム

 本プロジェクトは国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の次世代人材育成事業で、女子中高生の理系への進路選択を支援することを目的としています。女子中高生の興味・関心を高めて理系分野へ進むことを促すため、科学技術分野の第一線で活躍する女性たちとの交流会・実験教室・出前授業の開催を支援します。
 秋田大学は平成31年度(令和元年度)、本事業に採択されました。

興味をキャリアへ あきた理系プロジェクト

 理系女子学生の増加、女性人材の裾野拡大を目標に、女子中高生が科学への興味を抱き、将来のキャリアへとつなげる手助けに取り組みます。
 女子中高生を対象に、体験教室や講演会、研究施設見学や交流会を実施します。科学の面白さに触れる体験や身近なキャリアモデルを通して、女性研究者や技術者が将来の職業選択肢の1つとなるような意識改革を目指します。
 保護者や教員に対しては、理系進路相談会や、講演会・座談会により、理系進路を選択したことで広がる将来の可能性について知ってもらい、女子中高生のよき理解者となってもらえる取組を実施します。
 全国に先駆けて少子高齢化が進む秋田県において、次世代を担う女子中高生を地域全体で後押しをする体制を構築していきます。

概要図はこちら

お知らせ

ページの先頭へ