あきた未来カフェって?

秋田大学教育文化学部地域文化学科の学生一人一人が、
「秋田大学に入ってよかった」と思えるように

あきた未来カフェは、いつもの大学生活に彩りを添えるきっかけとして、学生自身で企画・運営するプロジェクトです。日々の生活をもっと楽しく、自由な発想で創り上げていきたい。そん な思いで集まったメンバーが運営に加わっています。 このプロジェクトは2017年7月に始まり、これまでにさまざまなイベントや講座を開催してきました。

あきた未来カフェ

あきた未来カフェが始まった背景

あきた未来カフェの活動を通して見えてきたのが「将来について、”漠然とした”不安を抱えている学生が多いのではないか?」という問い。
実際に地域文化学科の学生に話を聞いてみると、こんな声が上がってきました。みなさんは、共感する部分があるでしょうか?

大学で学んでいることが将来役立つのか不安

就活や卒論がいつどのように始まるのかわからない

やりたいことがわからず、このままでいいのか不安

やりたいことはあるけど、それで生活していけるだろうか

こうした意見を元に、あきた未来カフェでは、将来への不安を一人で抱え込むのではなく、同級生や先輩・後輩、そして社会人と一緒に、それぞれの想いを気軽に話せるような場をつくろうと考えました。学生が、自分の将来について主体的に考え、小さな一歩を踏み出したくなる。そんな機会を、学生自身でつくっていきます。

あきた未来カフェが取組む活動

あきた未来カフェのスタッフは、全員が地域文化学科に所属する大学生。
授業や部活、サークル、アルバイトの合間を縫って、それぞれが空いている時間でイベントの企画・運営を行なっています。学生のことを一番分かっているのはもちろん学生。日常の中でふと感じる疑問や「もっとこうなったらいいのに」という想いを元に、アイディアを出し合っています。
活動の中心にあるのは、多様な人との交流。あまり接点のない学生どうしで話したり、人生の先輩である秋田県内の社会人と話したり、普段と違うコミュニケーションが楽しくできるように、創意工夫しています。

活動紹介「あきた未来カフェが大切にしていること」

ときには初対面の人どうしで話すこともあるため、誰もが気持ちよく会話できるようなルールも大切です。
2018年11月のイベントでは「相手の話は最後まで聴く」「否定しない」といったルールを設定。学生も社会人も、ルールを守りながら率直に思ったことを話すことができました。
進路の悩み、実はチャレンジしてみたいこと、将来への不安。普段接する家族や友達とはなかなか話せないようなことでも安心して話せるような雰囲気づくりを心がけています。

まずはルールの共有。ざっくばらんなコミュニケーションが生まれる秘訣です。

同じテーマなのにグループで全然違う話になることも。その違いがまた面白い!

学生スタッフトーク

活動開始時、1名だった学生スタッフはこの春に7名に。
その内、2018年から運営に関わる3名に、あきた未来カフェの活動に関わったきっかけから今後の展望までを聞いてみました。

淡路 友花 [秋田大学3年生]

宮城県出身。スタッフ一のしっかり者。安定感あるファシリテーションに定評あり。

森屋 利香 [秋田大学2年生]

宮城県出身。サークル活動もバリバリこなす、未来カフェの元気印。

小松 千亜希 [秋田大学2年生]

山形県出身。真面目でしっかりしているけどちょっと天然。

なんで未来カフェに関わろうと思ったの?

積極性や協調性を身に付けたいと思ったからです。社会人になるために必要だと感じていて。

私も、社会人になる前の準備として、授業以外の学びが欲しいと思ったのと、イベントの企画運営を通じて実践的に学べることが良いなと思って参加しました。

私の場合は、将来記者になるためです。普段関わらない年上の人や社会人と話すことで、コミュニケーション能力を身につけたいと思いました。

これまで活動してみて良かった点、苦労した点は?

学べることが多いです。実際にイベントの企画をしてみると自分の企画力の無さに気付いたり。あと、もともとリーダーシップをとることが苦手で、チームで作業をするとそれもよくわかったかな。

私は、運営の活動自体には満足しているけど、やってみると自分のスキルはまだまだ足りないなと思いました。学生なのに他の学生の思いとかが全然わかってないんですよ!

うんうん。学生って一括りにしてたけど、一人ひとりが考えていることは思っていたよりも違うなと思った。みんなに価値を感じてもらえる企画を考えるのが難しいよね。

あきた未来カフェってどういうもの?

自由な場。決まっているようで何も決まってない(笑) 例えば、グループワークだと、それぞれのグループで話す内容はバラバラで、終着点も違う。でもそれがいいところだと思ってます。

人が集まる場所ですかね。常連さんも多いけど、新しい人も混ざり合って学科のみんなが集まってくるような場になったらいいな。

普段の生活で話すよりも深いテーマを話している。そういう場だと思う。強制力のある場ではないから、関係性もゆるくて、自由に発言できる場。

今後、あきた未来カフェはどのようなものになったらいい?

学科のみんなが参加できるようになったらいいな。普段参加してくれる人が固定化されて来てしまっているから、もっといろんな人に来て欲しいです。

同じです。私たちが課題だと思っていることは、地域文化学科の学生が共通して思っているはずなので。私自身、あきた未来カフェを通じて年上の人の人生経験を聞くことで、将来のことを考えられたのが良かった。だから、そういう場を提供していきたいです。いろんな人と楽しく話せて、かつ、振り返るといい学びになったなと思えるような。

あきた未来カフェのどんなところがハードルとなっているのかは気になります。いろんな人に参加してもらえれば、年代が違う人とのコミュニケーションができるはず。今後はもっと参加者を増やして、多様性の幅を広げていきたいですね。