カリキュラムポリシー

  1. ホーム
  2. カリキュラム
  3. 教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

国際資源学部では、次のような方針に基づいて教育課程を構成しています。

  1. 少人数教育を基本とし、入学から卒業までの継続性を重視し4年一貫教育を行っています。
  2. 地球規模の金属・非金属資源、石油・天然ガス資源に関わる資源分野の問題解決能力、国際的に活躍できる実務家・技術者・研究者に必要な知識・技術を修得できる教育を行っています。
    具体的な教育カリキュラムの編成例を挙げれば以下のとおりです。
  3. 応用力や創造性を重視した専門教育(国際資源クリエイテイブ演習)
  4. 専門知識を応用して資源に関する問題解決できる能力の養成(各専門教育科目および実験、演習科目)
  5. 野外における実践的な手法と技能を重視した教育(資源学実習、地質調査法実習、進級論文、海外資源フィールドワーク)
  6. 国際的に通用する論理的思考力と判断力、外国語による表現力とコミュニケーション能力の養成(I-EAP、ディスカッション演習、専門プレゼンテーション技法)
  7. 資源に関する最新情報および最新研究成果収集のために必要な文献講読能力の養成(資源地球科学文献講読Ⅰ・Ⅱ、資源開発環境文献講読)
  8. 自然科学と人文科学の両面から資源問題を捉える能力の養成(理系・文系の幅広い学部共通科目)