資源政策コース

  1. ホーム
  2. 学部紹介
  3. 資源政策コース

資源政策コース Dept.of Resource Policy and Management

資源情勢の分析力を身に付け世界の資源舞台で活躍しよう

資源政策コース

 石油やレアメタルなどに見られるように資源ナショナリズムの台頭は、単に資源のならず世界情勢に大きな変化をもたらしてきました。国際社会がこれらの問題に対処するには、科学技術だけでなく国際的な視点を持って資源動向や制度・文化を理解し、持続可能で責任ある資源開発をめざす必要があります。
 資源政策コースは、資源国理解に必要な文化や宗教などを基本に、資源に関わる法律や政治、経済などの社会・人文科学を学び実習する、日本では唯一の資源を文系からアプローチするコースです。授業では教養教育科目や国際資源学部に準備された英語特別カリキュラム「I-EAP」で基礎力をしっかりと身に付けたあと、英語で行われる専門教育科目で資源に対し文系からアプローチする手法を身に付けます。また、単に文系の人材というだけでなく、他の理系コースの専門教育科目も学び、理工学の基礎力を身に付けた資源系の文系人材として世界を舞台に活躍する素養を身に付けます。
 文系の観点から資源を学び、それを資源情勢に応用することで世界の資源フィールドで活躍できる学生を輩出したいと考えています。

教育・研究分野

政治学・国際関係論分野

資源国の現状分析を踏まえて、資源を保有することによる政治的民主化や経済的近代化への影響や国際関係について研究します。

法律・制度研究分野

国際法や鉱業法、HSEなどの資源に関連する法制度、また資源開発に係る合弁契約論や交渉学の研究を進めています。

資源経済学・地政学分野

エネルギー・鉱物資源の理工学の知識を生かした経済分析・システム分析によって市場の見通しや資源供給リスクについて研究します。

国際協力・開発分野

資源に関連する開発援助国と援助受入国の関係性や開発途上国の地方行政と地方自治機能の在り方について研究します。

 

社会人類学・地域研究分野

フィールドワークを主体に、世界各国の資源開発に関わる地域住民との問題や影響について研究します。

異文化コミュニケーション分野

資源国との交渉や探査・開発の際に重要な異文化理解・グローバルコミュニケーションに関する研究を行います。

資源政策コース 履修モデル

1年次
2年次
3年次
4年次

想定される進路・活躍できるフィールド
国際的に活動する資源系会社・商社、資源政策に関わる国や自治体の省庁、資源系国際協力機関、国立・私立の研究機関、資源系大学教員・研究員 等