資源開発環境コース

  1. ホーム
  2. 学部紹介
  3. 資源開発環境コース

資源開発環境コース Dept.of Earth Resource Engineering and Environmental Science

環境に配慮した資源開発技術を身に付け世界に羽ばたこう

資源開発環境コース

石油・天然ガスからレアメタルまで世界では資源の獲得競争が起きています。持続的な社会を形成するためには資源の安定供給と効率的な生産技術は必要不可欠です。最近では地下深部の資源を探し、掘削する技術、分離・濃縮する技術、高純度な材料にまで精製する技術が求められています。さらに環境に配慮した生産手法も必要ですし、非在来型資源と呼ばれるシェールガスなど新しいエネルギー資源も期待されています。またリサイクルや資源循環という考えが重要になり、21世紀を見据えた資源開発、生産技術を考えなければなりません。
 我々のコースでは資源開発と環境・リサイクル、素材利用などに関わる専門分野を学ぶことができます。もちろん学部全体で英語教育に力を入れ、国際的な場で活躍できる知識や能力を身に付けることができます。資源開発というエネルギーに満ちあふれた最先端のフィールドで学びませんか。地球と環境に調和した次世代技術を修得し、資源開発をリードするエンジニアとして世界に羽ばたきましょう。

教育・研究分野

資源環境物質循環研究分野

資源開発や水資源保全に関わる金属元素や有害物質の移動・濃集機構について研究します。

  • 教授 石山大三
  • 准教授 小川泰正
  • 総括技術長 川原谷浩

物理探査研究分野

電気・磁気・重力・地震波・電磁波などの物理現象を利用して地下の構造を明らかにする研究を行います。

  • 准教授 筒井智樹
  • 助教 坂中伸也

岩盤工学分野

岩の力学をもとにした岩盤調査、安定性解析、ウォータージェット掘削技術を用い、環境保全型の資源開発について研究します。

  • 教授 今井忠男
  • 准教授 木﨑彰久
  • 技術職員 川辺金光

 

エネルギー資源工学分野

実験や数値計算により、石油資源、地熱資源などを効率的かつ環境負荷を与えず生産する方法を研究します。

  • 教授 藤井光
  • 准教授 サイードジャリリナスラバディ
  • 技術専門員 小助川洋幸

資源分離工学分野

鉱物資源の物性を利用した分離・濃縮技術の開発やレアメタルなどの資源リサイクル技術について研究を行います。

  • 教授 柴山敦
  • 准教授 別所昌彦
  • 助教 芳賀一寿*1
  • 技術職員 佐藤史織

*1 所属は理工学部

製錬プロセス工学研究分野

物理化学をもとにして、都市鉱山からの希少資源の効率的な回収や、希少資源を高温で製錬する際の基本原理に関する研究を行います。

  • 教授 井上亮
  • 准教授 高崎康志

資源開発環境コース 履修モデル

1年次
2年次
3年次
4年次

想定される進路・活躍できるフィールド
国際的に活動する鉱物資源開発会社、石油資源探査開発会社、国際資源コンサルタント、資源系プラント会社、資源系商社、国の資源政策機関、国立・私立の研究機関、資源系大学教員・研究員 等