心理実践コース

心理実践コース

文字通り,心理学の基礎から専門までを系統的に学ぶコースです。実践的な地域での活動も含めて「こころの学(がく)」を磨き,地域で生きる人々に寄り添う心理学の素養をもった人材の養成を行います。

    Keyword

  • 地方公務員
  • 国家公務員
  • マスコミ
  • 銀行・保険
  • 旅行・観光
  • IT・通信
  • 哲学・思想
  • 心理学

お勧めする方

  • 心理学を学びたい方
  • 心理学の素養を持ち、将来の仕事に生かしたい方
  • 大学院へ進学して、公認心理師の資格を取得したい方

このコースの特徴のある授業科目

心理学概論、臨床心理学概論、心理学研究法、心理学統計法、心理学実験、感情・人格心理学、心理学的支援法、知覚・認知心理学、神経・生理心理学、産業・組織心理学、秋田学基礎、地域学基礎、地域振興論基礎、心理実践基礎ゼミ、卒業研究など

地域文化学科で学べる学問分野の科目はこちら

取得免許・とることができる資格等

学科の科目と別途教職科目などをとることで次の免許の取得することができます。(必須ではありません)

  • 中学校教諭1種免許状(社会)
  • 高等学校教諭1種免許状(地理歴史、公民)

※社会以外の教科の教員免許はとれますが、学科以外の科目を多数とらなければならず、時間割上も配慮できないため、お勧めしません。

コースの進路情報

心理実践コースは2018年にできた新しいコースなので、まだ卒業生がいませんが、心理学を学んだ学生の進路として次のようなものが考えられます。

● 臨床心理士資格、公認心理師の資格をとるために大学院進学
 大学院進学後の進路は病院関係、児童相談所、スクールカウンセラーなど
● 公務員の心理職(実績:秋田県)