統合失調症患者におけるクロザピンと虫垂炎発症の関係:後方視的研究

 

クロザピンは国内外のガイドラインにおいて治療抵抗性統合失調症の第一選択治療として推奨され,本邦において唯一治療抵抗性統合失調症に対して適応を取得している抗精神病薬です。その有効性は確立していますが、無顆粒球症,心筋炎,高血糖などの重篤な副作用が生じることがあり,定期的な検査が必要です・・・・・