【3月10日】第1回心理実践フォーラム『再犯防止教育と心理支援~塀の中の“教育”~』を開催します。

 平成30年2月,秋田大学教育文化学部および大学院教育学研究科と秋田刑務所の間で連携協定が結ばれ,1年が経過しました。この協定では,1)再犯防止教育における心理学的支援の活用,2)公認心理師を目指す学部生・大学院生の刑事施設における実習,3)共同研究 という3つの柱が組み込まれております。
 昨今の犯罪撲滅に向けた動きの中で再犯率の高さが取りざたされておりますが,不断の取り組みの中でこの再犯防止に向けた教育を,秋田刑務所と秋田大学が協働しながら行っております。
 今回は「再犯防止教育と心理支援 ~ 塀の中の“教育” ~」と題して,刑事施設の中で行われている再犯防止指導の位置づけ,その実際,心理学的な立場から見たその意義について皆さまと一緒に考えていきたいと思います。このフォーラムはどなたでもご参加いただけます。皆さまのご参加,心よりお待ちしております。

秋田大学-秋田刑務所 連携事業 第1回心理実践フォーラム『再犯防止教育と心理支援 ~ 塀の中の“教育” ~』
日時 平成31年3月10日(日)10:00-11:50(受付9:40-)
会場 秋田大学60周年記念ホール(秋田大学手形キャンパス教育文化学部3号館1階)
〒010-8502 秋田市手形学園町1-1
内容 1)「塀の中に“教育”が導入されるまで-再犯防止指導の歴史と意義-」
  秋田刑務所 首席矯正処遇官(処遇担当) 草苅 弘行
2)「窃盗・詐欺事犯者の再犯防止指導」
  秋田刑務所 教育担当刑務官 小番 崇央
3)「薬物依存(主に覚せい剤)事犯者の再犯防止指導」
  秋田刑務所 教育専門官 後藤 亘
4)「再犯防止における心理学的支援」
  秋田大学教育文化学部 准教授 北島 正人
対象 秋田大学関係者,秋田刑務所関係者,秋田県内教職員
その他関心のある方どなたでも
参加申込 参加を希望される場合は【3月6日(水)】までに下記担当あて所定の申込書を送付してください。
秋田大学教育文化学部総務担当
FAX : 018-833-3049
e-mail : kyosou@jimu.akita-u.ac.jp
備考 ・詳細及び参加申込書は添付のリーフレットをご覧ください。
・参加費は無料です。
・電話による申込は受け付けておりません。