1. ホーム
  2. 大学案内
  3. 学長メッセージ

学長メッセージ

 大学の在り方が真に問われている今、秋田大学ではまず「学生第一」であるということを全ての教職員が再確認して、教育・研究活動を展開しています。次代を担う学生たちを大事に育てていくことを通じて地域に貢献し、世界に通じる大学となることを目指しています。
 秋田大学はこれまで、
(1)世界・地域を見据えたリーダーを育む
(2)世界・地域を視野に未来を創造する
(3)地域と共生し豊かな社会を創る
(4)地域に根ざし世界を目指す
 というビジョンに沿って歩んでまいりましたが、その基礎となるものは世界と地域に貢献する最先端の教育・研究であります。そして、その成果を学生に伝授し、学生諸君が、それを基礎にして成長し、世の中に貢献できるような人材に育つためのお手伝いをすることが大学の使命ととらえています。
 秋田大学は、この地を軸に、世界を視野にした四つの学部を構えております。国際資源学部、教育文化学部、医学部、理工学部の4学部。そしてこれらの基盤の上に立つ大学院として、国際資源学研究科、教育学研究科、医学系研究科、理工学研究科の4研究科体制とし、シームレスの状態で行われる学部教育から大学院教育、そして地方創生センターをはじめとする明確なミッションを掲げた各センターにより、総合的な教育・研究体制をより強化して参ります。
 優秀な卒業生を社会へ、そしてすぐれた研究を社会へ還元する、その環境づくりに全力で臨みます。これらが「優秀な卒業生を社会へ、そしてすぐれた研究を社会に還元する」という秋田大学の使命に応える礎といえます。高齢化が全国最速で進む本県にあって長寿健康社会の実現のために、新産業創出を目指した協働体制を作って貢献していくことも新たなミッションとして掲げました。
 詳細なデータに基づく評価、そして正確で迅速な「手術」。私がこれまでの40年余向き合ってきた心臓血管外科の分野と大学経営には、少なからず共通した点があると考えています。なによりも大切なことが、そこ(秋田大学)に関わる人の連携です。
 秋田大学を「母校」とする我々は皆、優れた学生諸君を社会に輩出すること、そしてこの地(秋田)が輝きを増すことを誇りに思っております。

国立大学法人秋田大学長  山本 文雄