公開講座「地球を調べ資源を考える ー地層の観察から秋田の昔を探るー」

 









 

終了しました。

平成21年度秋田大学公開講座
「地球を調べ資源を考える ー地層の観察から秋田の昔を探るー」


定員に達したため募集を締切りました。


 秋田県は石油や金属資源などの多くの地下資源を有するばかりでなくそれら資源形成と関連した環境変動を記録した約2000 万年前から現在までの地層群を詳細に観察することが出来る我が国でも有数の地域です。
 本講座では秋田になぜ地下資源が存在するのかを学び理解することを目的に、関連する地層群を詳細に観察できる男鹿半島で岩石・化石を調査/ 観察実習します。とくに、岩石の見方とそれから得られる資源地質学的な情報の調査方法を重点的に学ぶほか、石油生産施設などを見学し、秋田の地下資源をより身近なものとして理解できるよう実習します。



日  時 :21年9月26日(土)8時30分~17時10分

開催場所 :工学資源学部2 号館 B312 講義室、男鹿半島野外調査フィールド(バスで移動します。)

講  師 (秋田大学工学資源学部地球資源学科) 教授 佐藤 時幸、教授  杉本 文男、准教授 今井 忠男、助教 山﨑  誠


受 講 料 :2,000 円

募集人数 :30名(一般市民・高校生)

申込方法 :電話、FAX、電子メールにてお申し込みいただくか、秋田大学社会貢献推進室窓口に直接お越しください。

申込期間 :9月25日(金)まで(ただし、土・日・祝祭日を除く)





□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【お申し込み・お問い合わせ】
 〒010-8502秋田市手形学園町1番1号 
   秋田大学社会貢献推進室
    電話:018-889-2270/FAX:018-889-3194
    E-mail:shakoken@jimu.akita-u.ac.jp
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□