「ミニ・生命(いのち)のメッセージ展 in 秋田大学」を開催しています。

 

 犯罪被害者等支援の広報啓発活動「ミニ・生命(いのち)のメッセージ展 in 秋田大学」を1月19日(月)~23日(金)、秋田大学の中央図書館を会場に行います。
 秋田県警察、公益社団法人秋田被害者支援センターの主催で、学生等に対して犯罪被害者等支援の広報・啓発を目的に開催。犯罪・事故等で理不尽に生命をうばわれた犠牲者一人ひとりの等身大の人形パネルやご本人の写真、ご家族の言葉を展示、足元には「生きた証」である靴を置いて、命の大切さを訴えます。
 また、平成13年に交通事故に巻き込まれて亡くなった秋田大学生 三浦芳代子(かよこ)さんのご両親から御寄贈いただいた本を陳列しているコーナー「三浦文庫」の紹介も行います。

【秋田大学 中央図書館「三浦文庫」】
 三浦芳代子(かよこ)さんのご両親から心理学・犯罪被害者支援関係の図書や雑誌約300冊を御寄贈いただき、「三浦文庫」として中央図書館2階閲覧室に開設。平成26年4月には三浦文庫の特別展示を秋田大学の中央図書館で開催しました。

名称 ミニ・生命(いのち)のメッセージ展 in 秋田大学
日時 平成27年1月19日(月)~23日(金)9:30~17:00  ※23日は14:30まで
会場 秋田大学 手形キャンパス 中央図書館2階渡り廊下ギャラリー
主催 秋田県警察、公益社団法人秋田被害者支援センター
お問い合わせ先 秋田大学 図書館・情報推進課 図書情報担当 佐藤
TEL:018-889-2274  FAX:018-832-4917