第16回「産学イブニング・サロンあきた(SESSA)」を開催しました。

 

話題提供する本間准教授

 

質疑応答の様子

 

 秋田大学産学連携推進機構は7月25日(木)、大学会館1階にて第16回「産学イブニング・サロンあきた(Sangaku Evening Salon for Strategic AKITA、以下SESSA)を開催しました。
 今回は秋田県立大学の本間道則准教授と株式会社武藤電子工業から「液晶回折格子による旋光物質濃度測定法の開発」と題して、光を用いた非侵襲・非接触の旋光物質濃度測定法について話題提供していただきました。発表後は、軽食を交えて意見交換会を行いました。
 次回は8月22日(木)に開催する予定です。引き続き、企業・産業支援機関の方の積極的な参加をお待ちしています。お問い合わせおよび参加申し込みは秋田大学産学連携推進機構(TEL:018-889-2712 E-mail:staff@crc.akita-u.ac.jp)までお願いします。