「秋田大学子ども見学デー」を開催しました。

 

吉村昇学長と記念撮影

 

温度をあやつった実験をしよう!

 

天体望遠鏡を使ってみよう

 

鉱業博物館を見学

 

 大学の施設見学や実験体験などを通して子ども達に大学への関心を深めてもらう「秋田大学子ども見学デー ~みんなで探検! キャンパスツアー~」を8月20日(金)秋田大学で開催しました。今年度で6回目を数える子ども見学デー。毎年申込みが殺到する人気行事となっており、今年は72家族179人が参加しました。
 当日朝、秋田大学60周年記念ホールに集合した参加者たちは、記念品や資料を受け取り、秋田大学の簡単な紹介を受けました。続いて学長室へ移動。普段見ることのない学長室を興味深げに見学し、吉村昇学長と並んで笑顔で記念撮影を行いました。その後、教育文化・医・工学資源の3学部と総合情報処理センターに設けた7つのコースに、それぞれ分かれて体験学習。天文台見学や感染症伝播のコンピュータ・シミュレーション、温度をテーマにした科学実験、パソコンを使ったうちわ作りなどを楽しんでいました。
 最後に附属鉱業博物館を見学。記念写真を受け取った後、博物館ボランティアの説明を聞きながら、貴重な鉱物等展示物に見入っていました。
 終了後のアンケートでは,「盛りだくさんの内容で満足した。また参加したい」「ふだん見ることのできない大学の様子を見ることができて良かった」などの声が聞かれました。