大学院理工学研究科説明会を開催

 

秋田会場の様子

 

 秋田大学は、大学院理工学研究科の特色や平成30年実施の入試などについて理解を深めてもらう機会として、5月25日に秋田市内の手形キャンパスと首都圏での活動拠点である秋田大学東京サテライト(東京工業大学キャンパスイノベーションセンター内)を会場として「大学院理工学研究科説明会」を開催しました。
 当日は、秋田会場である手形キャンパスでの説明会を東京会場の東京サテライトにインターネット中継して、首都圏に在住している進学希望者も参加できるように配慮し、両会場合わせて50名以上の参加がありました。
 はじめに秋田会場で同研究科の三島望教授が挨拶した後、大学院や入試の概要について説明しました。東京会場では教職員3名が参加者に対応しました。
 参加者からは「出願資格について教えてほしい」、「自分に合った研究室があるか」などの質問があり、研究の専門領域や今後の自身の進路を決めるための個別相談も行われました。
 同研究科では、専門性と国際性を養う実践教育を取り入れ、総合的能力を持ち、活躍できる人材を育成しています。

大学院理工学研究科のホームページはこちら