「日本情報地質学会・地質情報整備活用機構 共催シンポジウム2017で特別講演を行いました」

特別講演をする川村センター長

 

 川村センター長が、11月30日に開催された「日本情報地質学会・地質情報整備活用機構 共催シンポジウム2017」(会場:飯田橋レインボービル)で、「高度情報化鉱山操業のためのスマートマイニング構築」と題した特別講演を行いました。
 日本情報地質学会は情報地質学的な観点で、地質情報整備活用機構は地質・ボーリング調査や物理探査とジオパーク振興等の地質情報の整備と活用の観点で、共に地球科学とその社会的・実業的な進歩への寄与に取り組んでいる機関です。
 シンポジウムのプログラムは下記のとおりです。講演終了後は、スマートマイニング技術の一つである鉱山VRシステムを参加したみなさんに体感していただき、大変好評な特別講演となりました。



プログラム:
1.講演「Society5.0 と地質調査・資源探査」
  古宇田亮一氏(日本情報地質学会会長/地質情報整備活用機構副会長)

2.特別講演「高度情報化鉱山操業のためのスマートマイニング構築」
  ※ヘッドマウントディスプレイによる鉱山VR 体験あり
  川村洋平氏(秋田大学大学院国際資源学研究科教授・国際資源学教育研究センター長)

3.特別講演「地球科学におけるデータ駆動型解析」
  桑谷立氏(海洋研究開発機構・地球内部物質循環研究分野研究員)

4.総合討論