難治性血管炎のメカニズムと新しいバイオマーカーを発見 米国科学誌「Arthritis & Rheumatology」に研究成果を発表

 

秋田大学大学院医学系研究科 総合診療・検査診断学講座 大学院生 福地峰世、植木重治 准教授、相模原病院臨床研究センター 上出庸介室長らの研究グループは、難治性血管炎である好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(Eosinophilic granulomatosis with polyangiitis:EGPA)の病態の仕組みと新しいバイオマーカーについて明らかにしました。・・・・・