10万人以上を対象としたBRCA1/2遺伝子の14がん種を横断的解析-東アジアに多い3がん種へのゲノム医療の可能性-

 

秋田大学(学長:山本文雄)は、理化学研究所、東京大学、愛知県がんセンター、国立がん研究センター、佐々木研究所附属杏雲堂病院、昭和大学病院、岡山大学との共同研究グループで、乳がんなど4がん種の発症リスクの上昇に関与する遺伝子(原因遺伝子)とされるBRCA1・BRCA2の両遺伝子(BRCA1/2遺伝子)が胃がん、食道がん、胆道がんの発症リスクも上昇させることを明らかにしました。・・・・・