内閣府「令和元年度地方大学・地域産業創生交付金」の交付対象事業の決定について

 

 内閣府「令和元年度地方大学・地域産業創生交付金」の交付対象事業に、本学が参画し秋田県が申請していた「小型軽量電動化システムの研究開発による産業創生」が採択されました。
 これにより、本学では、本学に「電動化システム共同研究センター」を新たに設置し、本事業を通じた産学官共同での小型軽量電動化システムの研究開発を推進するとともに、本学と秋田県立大学との大学院共同教育課程「電動化システム工学共同専攻(仮称)」を設置し、専門人材の育成を図ることにより、地域産業の発展に貢献して参ります。
 なお、この内閣府の事業は、「地域における大学の振興及び若者の雇用機会の創出による若者の修学及び就業の促進に関する法律」に基づく交付金として、首長のリーダーシップの下、産官学連携により、先端的な研究開発や人材育成等を行う優れた取組を重点的に支援するもので、これにより地域産業創生の駆動力となり特定分野に圧倒的な強みを持つ「キラリと光る地方大学づくり」を進め、地域における若者の修学・執業を促進するものです。
 この度採択された秋田県の「小型軽量電動化システムの研究開発による産業創生」計画は、産学官共同による航空機を始めとする電動化システムの研究開発体制を整備するとともに、企業・大学・学生の起業家精神を喚起する産業人材を育成することで、若者に夢を与え、高度人材が活躍することができる創造的将来産業を創出し、秋田県の持続的発展と活力ある地域社会を実現しようとするものです。

秋田県「小型軽量電動化システムの研究開発による産業創生」概要

(参考)内閣府地方創生事務局ホームページ