昼寝の仰向け寝サポートをしても乳児が十分な昼寝が取れることが明らかに~保育園での乳幼児突然死を予防する仰向け寝サポートを睡眠から評価~

 

秋田大学医学部附属病院(病院長・南谷佳弘)・精神科・太田英伸医師、日本赤十字社医療センター(病院長・本間之夫)・小児科・大石芳久医師、多摩北部医療センター(病院長・高西喜重郎)・小児科・小保内俊雅医師、聖路加国際病院(病院長・福井次矢)・小児医療センター・中川真智子医師、聖路加国際大学・草川功臨床教授、東邦大学医療センター大森病院(病院長・瓜田純久)新生児学教室・與田仁志教授らのグループは東京女子医科大学(仁志田博司名誉教授)、鳥取大学地域学部(儀間裕貴講師)、ユニ・チャーム㈱(佐々木徹、佐藤俊仁)との共同研究を通じて、1-2歳の乳幼児の突然死予防のために昼寝の仰向け寝サポートを実施しても児が十分な昼寝が取れることを明らかにしました。・・・・・