1. ホーム
  2. 秋田大学旧ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー
  3. 旧ベンチャー・ビジネス・ラボラトリーの概要

 

旧ベンチャー・ビジネス・ラボラトリーの概要

概要

旧ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー

秋田大学旧ベンチャー・ビジネス・ラボラトリーは平成13年5月の設置以来、全国国立大学に設置された旧ベンチャー・ビジネス・ラボラトリーの中でも、最も特 徴ある研究テーマの一つである「希少元素に注目した新リサイクル技術の開発と高度素材設計に関する研究」を掲げて研究活動を行っています。 世界的競合の中でも最も重要度の高い研究分野とされる資源、環境、情報、ナノテクノロジー、ライフサイエンスを幅広くカバーしながら、「希少元素」と「資 源循環型社会」の切り口で捉えたテーマで、秋田大学の伝統および地域的要請を顕著に示す研究分野といえます。 資源環境分野では「レアメタルのリサイクルと廃水処理」、情報・ナノテクノロジー分野では「希少金属を含む高密度磁気記録素子の開発と高分解能磁気力顕微 鏡の開発」、ライフサイエンス分野では「希土類金属の生体への影響」などをテーマとして研究活動を進めています。

旧ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー組織図

旧ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー組織図