1. ホーム
  2. 高等教育グローバルセンター(教育活動部門、教育開発部門)
  3. 教養基礎教育
  4. 充実した学習のために
  5. 学外での学習に対して単位認定を受ける

学外での学習に対して単位認定を受ける

秋田大学以外の場での学習に対して、教養基礎教育の単位として認定する制度があります。特に他大学との単位互換制度は、学習の場を広げる機会として積極的に利用してください。

外国語技能試験等に対する単位認定(医学部医学科を除く)

  2単位 4単位 6単位 評価 認定科目
実用英語技能検定(英検)   準1級 1級 認S 4単位:大学英語Ⅰ・Ⅱ 
各2単位(※)
6単位:大学英語Ⅰ・Ⅱ、大学英語Ⅲまたは英会話 各2単位(※)
TOEFL   iBT
68~87点
iBT
88点以上
認S  
TOEIC   650~789点 790点以上 認S  
600~649点     認A 理工学部のみ 2単位:大学英語Ⅱ(※)
ドイツ語技能検定   4級   認A 4単位まで:入門外国語及び外国語活用演習から最大で計4単位。ただし実践外国語会話Ⅰ・Ⅱは除く。
フランス語技能検定   4級   認A
ロシア語能力検定   4級   認A
ハングル能力検定   4級   認A
中国語検定   4級   認A

※国際資源学部については,英語科目の単位認定は行いません。
※医学部医学科については、外国語技能試験等に対する単位認定を行いません。

  1. 単位認定願の提出は,前期及び後期の授業開始日前までとします。
  2. 成績は当該外国語担当教員が,本基準に則り個別に認定し,評価は本表に記載のとおりとします。本表に記載の評価は、平成30年度入学者から適用します。
    なお,第2外国語科目で評価「認A」以外を希望する者は,単位認定を受けず当該授業を履修してください。
    また,単位認定を受けた科目はGPA対象外科目です。
  3. 当該外国語の単位修得後に,本基準を満たした場合には,あらためての単位認定は行いません。
  4. 平成25年度以前入学者(相当年度入学者を含む。)にこの単位認定を適用する場合は、本表の認定科目の欄に掲げる科目を当該入学年度の学生に適用する科目に読み替えるものとします。

放送大学

放送大学で取得した単位を、卒業に要する単位として認定することができる制度があります。
具体的には、放送大学の基盤科目(外国語と保健体育科目は除く)とコース科目(導入科目)から、教養教育科目「主題別科目」として2単位まで認めています。

北東北国立3大学(弘前・岩手・秋田)間単位互換授業

協定に基づき、弘前大学及び岩手大学で開講されている授業を、入学料や授業料等を払うことなく、本学で受講することができるという制度です。具体的には、弘前大学及び岩手大学の教員が本学に出向き、集中講義を行います。実施時期は、夏季休業中を予定しています。
開講科目、実施時期、受講受付期間等については、6月頃に掲示により通知します。受講を希望する者は、指示に従い履修登録をしてください。
なお、この単位互換科目は、履修登録科目の上限設定には含まれません。

秋田県内の大学・短期大学・高等専門学校間単位互換

協定(※1)に基づき、秋田県内の大学・短期大学・高等専門学校で開講されている授業を、入学料や授業料等を払うことなく、当該大学又は「カレッジプラザ」(※2)で受講することができるという制度です(通算12単位まで。ただし、学部で上限を設定している場合もありますので、各学部で発行している履修関係冊子を参照してください)。
受講受付期間等については、掲示により通知します。受講を希望する者は、高等教育グローバルセンターで申込をしてください。ただし、1年次の学生は前期開講科目を受講することはできません。
なお、この単位互換科目は、履修登録科目の上限設定に含みます。
受講を認められた学生は当該大学の「特別聴講学生」となり、履修に必要な施設・設備(図書館、食堂など)を利用することができます。試験の実施方法についても、その大学の規則に従います。
対象となる他大学の科目等の詳細については、『大学コンソーシアムあきた』ホームページ(http://www.consortium-akita.jp/)を参照してください。

※1 本学以外の協定参加校
秋田県立大学、国際教養大学、ノースアジア大学、秋田看護福祉大学、秋田公立美術大学、秋田栄養短期大学、聖霊女子短期大学、日本赤十字秋田看護大学、日本赤十字秋田短期大学、聖園学園短期大学、秋田工業高等専門学校

※2 「カレッジプラザ」
県内の大学・短期大学の連携・交流を目的として、2005年に秋田市中通に設置された施設です。