1. ホーム
  2. 教育推進総合センター
  3. 教育連携

教育連携

秋田県内での連携

大学コンソーシアムあきたへの参加

県内の高等教育機関が連携して、高等教育の質の向上や社会への教育資源の提供を目指す組織として「大学コンソーシアムあきた」があり、秋田大学 も参加しています。これによって他大学との単位互換が容易になりました。また、コンソーシアムの事業の一つに高校生を対象とした高大連携授業があり、本セ ンター教員も授業を担当する予定です。

高校との連携

秋田大学では、教養教育科目の一部(第9・10限)に関して県内の高校生の受講を認めています。3月と9月に県内各高校に受講者生の募集の案内をします。また、高校生が希望すれば、この科目を秋田大学の「単位予約型授業」として受講することもできます。

東北地区での連携

北東北三大学の連携

秋田大学は、弘前大学ならびに岩手大学と、教養教育科目に関して、単位互換制度をもっています。毎年夏季休暇中に、両大学からそれぞれ2名から 3名の教員が秋田大学にやってきて集中講義を実施するという制度です。主として、秋田大学にその専門家が在籍していない領域の研究の紹介がなされます。こ れに出席して単位認定を受ければ、その単位は秋田大学の卒業単位となります。

東北・北海道地区大学等高等・共通教育研究会への参加

この研究会は、大学における教養教育をよりよいものにしていくためのもので、北海道・東北地区の多くの高等教育機関が参加しているものです。会 は年に一度開かれ、そこでは各機関でなされている教育実践の様々な試みの紹介や、高等教育機関が果たしていかなければならない自己改革の方向性についての 論議などがなされています。主として本センター教員とセンターの教育活動部門の部門員となっている教員が出席しています。

東北地域大学教育推進連絡会議への参加

東北地域の大学が連携して教育の開発と推進に取り組んでいます。平成22年度には、所属機関の教員を対象としたアンケート調査が行われました。