1. ホーム
  2. 高大接続センター
  3. スタッフ

スタッフ

2021年4月現在の高大接続センターのメンバーです。
秋田大学研究者総覧もご参照ください。

  • センター長
    後藤 猛(理事(教育・学生・国際担当)・副学長)(理事室:本部管理棟3階)

センター長

後藤 猛 Takeshi GOTO

後藤 猛

 皆さんは、中学・高校生を「生徒」、大学生からは「学生」と呼ぶことを知っていますか。それは単なる呼び方の問題だけではなく、二つの機関における「学び」の本質的な違いを反映したものだと思います。高校までは、どちらかといえば「正しい答え」のある内容を「習う・学習する」が中心でした。ところが大学では、まだ誰も知らない「正しい答え」を探すために「学ぶ・研究する」ということへ挑戦していくことになります。
 もちろん、大学に入ったからといって、すぐに研究ができるようになるわけではありません。高校までと同様、多くの「正しい」知識を身につける必要があります。ただ高校までと違うのは、その知識がほんとうに「正しい」といえるのか、という疑問を常に持って対象と向き合う態度が求められることでしょうか。自分自身でその「正しさ」を検証・納得するまでは鵜呑みにはしない、そんな姿勢が学問を進化/深化させ続けてきました。
 高大接続センターは、二つの異なる「学び」のあり方の間を橋渡しするための機関として設置されました。その柱のひとつとなるのが、入学前から入学後(初年次)への「学び」の移行を支援する高大接続教育部門です。この部門では、高校生に大学で行なわれている最先端の研究活動や教育の一端を紹介したり、総合型選抜入試や推薦入試の合格者を対象に、大学での学びの導入となる入学前教育を行なったり、1年次学生を対象に、大学での学びへの移行のサポートを行なったりしています。
 二つ目の柱となる広報推進部門では、入学案内を作成したり、オープンキャンパスを企画したりと、高校生の皆さんに進学先検討の手助けとなるよう、様々な情報発信を行なっています。こんなことが勉強できると思って入学してみたら、実際には思っていたのとはかなり違っていた、そんなミスマッチングが起こらないよう、皆さんが知りたいと思うことを、正確に、迅速にお伝えできるよう頑張ります。大学見学なども受け付けておりますので、お気軽にご相談下さい。
 そして第三の柱となっているのがアドミッション部門です。ここでは入試に関するさまざまなことを扱っています。たとえばアドミッション・ポリシーは、こういった資質を持った学生に来てほしいという、大学が求める人材像です。教師になりたくないのに教員養成課程を受験・合格しても、決して満足できる大学生活にはなりません。入試は高校生の皆さんと大学とのマッチングの窓口です。
 高大接続センターは、以上の三本の柱によって、高校生活から大学生活へという移行をしっかりとサポートしていきます(センターが実施しているさまざまな取組については、左側のリンク先をぜひご覧下さい)。