1. ホーム
  2. 地方創生・産学連携
  3. 地方創生センター
  4. 資源開発・環境リサイクル研究開発事業

資源開発・環境リサイクル研究開発事業

 秋田大学が強みを持つ資源・リサイクル・環境分野の研究力を結集し、資源・素材技術やリサイクル、環境対策、地熱エネルギー等の資源利用に関する研究を推進します。これらの研究活動を通じ、秋田県および県内機関・事業所等がもつ課題解決への糸口とするとともに、秋田県の特徴を活かした研究開発や技術支援を行います。
 金属生産および素材精製プロセスに関する新技術を開発するほか、電子基板(E-Waste)等リサイクル原料の製錬技術開発や地中熱エネルギー等の高効率利用、スマートマイニング技術の活用、鉱山管理と鉱業史研究、玉川流域や田沢湖を含めた秋田県内の環境調査など、協力教員の協力を得て多様な研究を展開しているのが特徴です。県内各所での調査研究のほか、関連性の強い事業グループや関係機関と連携を図り、研究活動を推進・展開することを目指しています。

主な研究テーマ

秋田県内の産業支援・展開が期待される研究
  • 都市型資源(都市鉱山)の有効利用とリサイクルプロセス研究開発
  • 人工的な地下水流れを用いた省エネ型地中熱利用システムの開発
  • 秋田の鉱山管理と鉱業史研究に関する調査・研究事業
  • ハイパースペクトルと人工知能を活用したコメの自動判定システムの開発

県内旧鉱山の調査(航空測量データより)

鉱山VRの体験

ヒートポンプシステムの概略図
秋田県内の環境調査型研究
  • 秋田県トンネル予定地等の地質調査及び岩石評価
  • 田沢湖の過去と今、そして未来の環境修復へ
  • 秋田県における再生可能エネルギー導入の経済性評価

田沢湖の湖底堆積物