1. ホーム
  2. 秋田大学国際資源学教育研究センター
  3. 活動実績

活動実績

主な協定校との間の活動

(1)モンゴル科学技術大学(MUST)

年月 内容
2009.10.22 包括連携協定の締結
2009.09 MUST教員、学生と資源探査の共同研究協力
2009.11 MUST教員を受け入れ、研究協力
2010.03 水田センター長と内田教授がMUSTを訪問、遠隔会議システムを設置
2010.09 今井教授、緒方助教がMUST学生の資源調査指導
2011.01 MUST研究員の受け入れ、研究協力
2011.10~11 JASSO留学生交流支援制度により研修生2名を受け入れ
2011.11 水田センター長、高橋国際交流推進役がMUSTを訪問、学生交換・共同研究についての協議
2012.05 緒方助教がMUSTを訪問、共同研究及びTV会議システムを用いた講義・実習についての協議
2012.08 増田副センター長がMUSTを訪問、共同研究及び海外拠点設置についての協議
2012.09 高橋国際交流推進役がMUSTを訪問、海外拠点設置についての協議
2012.10 水田センター長、高橋国際交流推進役がMUSTを訪問、秋田大学モンゴル海外事務所開所式に出席
2012.10~11 資源学ショートステイプログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2012」に研修生3名を受入
2013.02 今井教授、緒方助教がMUSTを訪問し、共同研究打ち合わせ及びモンゴル事務所の活用について協議
2013.06 安達センター長がMUSTを訪問し、今後の協力関係の継続について協議
2013.06 MUST教員を受け入れ、教育研究に関する協議、特別講義を実施
2013.08 緒方助教がMUSTを訪問し共同研究打ち合わせ
2013.10~11 資源学ショートステイプログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2013」に研修生2名を受け入れ
2014.03 緒方助教がMUSTを訪問し共同研究打ち合わせ
2014.06~07 緒方助教がMUSTを訪問し共同研究打ち合わせ
2014.10~11 資源学ショートステイプログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2014」に研修生2名を受け入れ
2015.06 今井センター長がMUSTを訪問し秋田大学モンゴル事務所の活用方法等について協議。
2015.07~08 緒方助教がMUSTを訪問し共同研究を行った(現地調査)
2015.10 資源学ショートステイプログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2015」に研修生2名を受け入れ
2016.08 MUSTを訪問し共同研究を行った
2016.10 資源学ショートステイプログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2016」に研修生2名を受け入れ
2016.12 MUSTを訪問し共同研究及び機器調整を行った

(2)ボツワナ国際科学技術大学(BIUST)

年月 内容
2009.04 水田センター長、石山教授、高崎准教授がBIUST設立準備を視察、資源に関する共同研究の推進
2009.10.23 包括連携協定の締結
2009.10 大学院生(博士課程前期及び後期各1名)の受け入れ
2010.04 水田センター長、BIUST訪問し、大学設立状況を確認
2011.01 増田副センター長、BIUST訪問し、大学設立状況を確認
2012.02 安達教授、高崎准教授、別所准教授、高橋国際交流推進役がBIUST訪問し、大学設立改定計画の説明を受けるとともに今後の協力に関し協議
2013.08 水田名誉教授、高橋国際交流推進役が日本・AU友好議員連盟に同行しBIUSTを訪問
2013.09 安達センター長、柴山教授、高橋国際交流推進役がBIUSTを訪問し、ミニレクチャー実施および今後の共同研究、協力について協議
2014.02 水田前センター長、高崎准教授、倉科国際交流推進役他がBIUSTを訪問し、新キャンパス視察および今後の交流に関する協議
2014.06 安達センター長、今井教授がBIUSTを訪問し連携協定の更新、共同研究について協議
2016.08 BIUSTを訪問、出前講義を実施、現地拠点の設置について協議

(3)東カザフスタン工科大学(EKSTU)

年月 内容
2010.11 水田センター長、増田副センター長、安達教授EKSTUを訪問し、協定締結を協議
2011.06 水田センター長、別所准教授、高橋国際交流推進役がEKSTU訪問
2011.06.08 包括連携協定の締結
2011.10~11 JASSO留学生交流支援制度により研修生2名を受け入れ
2011.10 EKSTU学長一行が本学を訪問
2011.11 増田副センター長、柴山教授、高崎准教授がEKSTU訪問
2012.05 増田副センター長がEKSTUを訪問、共同研究及び指導協力についての協議
2012.08 高崎准教授、別所准教授、緒方助教、今井教授がEKSTU訪問し、共同研究についての協議及び現地調査
2012.10~11 資源学ショートステイプログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2012」に研修生3名を受入
2013.01 別所准教授、緒方助教がEKSTUを訪問し、共同研究打ち合わせ
2013.06 別所准教授、緒方助教がEKSTUを訪問し、共同研究打ち合わせ
2013.09~10 別所准教授、緒方助教がEKSTUを訪問し、鉱床見学および共同研究打ち合わせ
2013.10~11 資源学ショートステイプログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2013」に研修生2名を受け入れ
2013.11 EKSTU副学長が来学し共同研究打ち合わせ
2014.03 別所准教授、緒方助教がEKSTUを訪問し共同研究打ち合わせ
2014.06 増田副センター長がEKSTUを訪問し共同研究打ち合わせ
2014.08 別所准教授、緒方助教がEKSTUを訪問し、非晶質シリカ資源からの高純度シリカ精製及び低空空撮技法を用いた地質データベース作成に関する共同研究
2014.10~11 資源学ショートステイプログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2014」に研修生2名を受け入れ
2015.05 別所准教授、緒方助教がEKSTUを訪問し共同研究打ち合わせ
2015.09 別所准教授がEKSTUを訪問し共同研究打ち合わせ
2015.10 資源学ショートステイプログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2015」に研修生2名を受け入れ
2015.11~12 別所准教授、EKSTUを訪問し共同研究打ち合わせ、現地でのState Program への協力ならびに講義(Processing for siliceous material)を実施
2016.06 EKSTUを訪問、国際会議"Modern Trends in Training Technology Experts and English Language Teaching in the Context of International-Innovative Development of the Repblic Kazakhstan"に参加
2016.10 資源学ショートステイプログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2016」に研修生2名を受け入れ
2016.11 EKSTUを訪問し共同研究打ち合わせ、現地での修士学生を対象とした教育プログラムの一環として、講義(Processing for siliceous material)を実施

(4)ボツワナ大学(UB)

年月 内容
2011.01 増田副センター長、UB訪問し、協定締結を協議
2011.03.31 包括連携協定の締結
2011.06 ボツワナ大学教員3名が本学を訪問
2011.10~11 JASSO留学生交流支援制度により研修生2名を受け入れ
2012.02 安達教授、高崎准教授、別所准教授、高橋国際交流推進役がUB訪問し、今後の協力に関する協議及び安達教授、高崎准教授、別所准教授がUB学生へ講義
2012.10~11 資源学ショートステイプログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2012」に研修生3名を受入
2013.9 安達教授、柴山教授、高橋国際交流推進役がUBを訪問し、ミニレクチャー実施および今後の共同研究、協力について協議
2013.10~11 資源学ショートステイプログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2013」に研修生2名を受け入れ
2014.02 水田前センター長、高崎准教授、倉科国際交流推進役他がUBを訪問し、特別講義を実施および今後の交流に関する協議
2014.06 安達センター長がUBを訪問し今後の協力について協議
2014.10~11 資源学ショートステイプログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2014」に研修生2名を受け入れ
2015.10 資源学ショートステイプログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2015」に研修生2名を受け入れ
2016.08 UBを訪問、出前講義を実施
2016.10 資源学ショートステイプログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2016」に研修生1名を受け入れ

その他の事業

年月 内容
2010.09 石山教授、柴山教授が、JICAセルビア共和国
ボール地区鉱業技術協力事前調査に参加
2010.10 水田センター長、今井教授、緒方助教が資源研究の現状視察と研究協力の推進のためチリを訪問
2011.03 水田センター長、今井教授、内田教授が、金資源の見学実習及びチュラロンコン大学との交流推進のため地球資源学科3年次学生等25名をタイへ引率、指導
2011.04 JICA/JSPSセルビア科学技術研究者プロジェクト
(廃さい堆積場管理)を受託
2011.08 南部アフリカ3カ国からJOGMEC委託研修生を受け入れ
2011.08 石山教授、柴山教授、増田准教授、高崎准教授がJICA/JSPSセルビア科学技術研究者プロジェクト事業でセルビア訪問
2011.09 別所准教授が、財団法人 石油エネルギーセンター「平成23年度国際資源開発人材育成事業(石炭分野)」に係る海外現場実習にて学生指導のためオーストラリア訪問
2011.10~11 JASSO平成23年度留学生交流支援制度(ショートステイ)プログラム「資源学フィールドサーキットSSプログラム」実施
モンゴル、カザフスタン、ボツワナより各2名の留学生を受け入れ
2011.10 JICAアフガニスタン留学生3名を受け入れ
2011.12 安達教授がチリ大学訪問
2012.01 JSPS平成24年度研究拠点形成事業(B.アジア・アフリカ学術基盤形成型)採択
「資源フロンティア国間交流によるレアメタル資源学拠点形成」(平成24~26年度)
2012.02 水田センター長、今井教授が協定締結へ向けた協議のためオーストラリアタスマニア大学訪問
2012.02 安達教授、高崎准教授、別所准教授、高橋国際交流推進役が今後の協力に関する意見交換のため、南アフリカヴィッツウォーターズランド大学及びプレトリア大学訪問
2012.02 増田副センター長が、今後の協力に関する意見交換のため、チリ大学およびサンチアゴ大学を訪問
2012.03 タイ・カセサート大学より留学生3名を受け入れ
2012.03 モンゴル・イフザサグ大学副学長一行が本学訪問
2012.05 緒方助教がパプアニューギニア工科大学訪問
2012.06 今井教授、高橋国際交流推進役がKick-off Meeting to Create a World Forum of Universities of Resources on Sustainability(ドイツ)に参加。協定締結の打ち合わせのためドイツ フライベルグ工科大学を訪問
2012.07 柴山教授、増田准教授、高崎准教授がJICA/JSPSセルビア短期派遣専門家科学技術研究員プロジェクト事業でセルビア訪問
2012.08 「資源・素材教育センター」平成24年度「資源・素材夏季集中合宿講座」への協力
2012.09 水田センター長、今井教授がインドネシア バンドン工科大学を訪問、今後の協力に関する協議
2012.10~11 JSPS研究拠点形成事業(B.アジア・アフリカ学術基盤形成型)
/JASSO留学生交流支援制度(ショートステイ)プログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2012」実施
モンゴル、カザフスタン、ボツワナより各3名の研修生を受入
2012.11 カナダ メモリアル大学一行が来学、センター教員と今後の協力・協定締結に向け協議
2012.11 水田センター長、今井教授が資源地質学会秋季講習会タイ巡検引率
2012.12 水田センター長、今井教授、高橋国際交流推進役がドイツ フライベルク工科大学、スウェーデン ルレオ工科大学を訪問。今後の協力、協定締結の協議
2013.01 モンゴル民族大学学長一行が来学。センター活動状況を紹介
2013.02 水田センター長、増田副センター長、高橋国際交流推進役がカナダ メモリアル大学および在カナダ日本大使館を訪問。協定締結に向けた協議及び秋田大学における資源学教育の現状紹介
2013.03 簡易分析キット使用に係る映像マニュアルを作成し、同キットとともに協定校に送付
2013.04 水田名誉教授、内田教授がアメリカ ウィリアム&メアリーカレッジおよびアラスカ大学を訪問。今後の国際交流、教育・研究協力について協議
2013.05 安達センター長、別所准教授がカナダ・トロントでカナダ―日本資源系大学コンソーシアムに関するワークショップを実施
2013.07 石山教授、柴山教授、増田副センター長がJICA/JSPSセルビア短期派遣専門家科学技術研究員プロジェクト事業でセルビア訪問
2013.08 「資源・素材教育センター」平成25年度「資源・素材夏季集中合宿講座」への協力
2013.09 増田副センター長がセルビアでボール鉱山研究所との研究打合せ
2013.09 安達センター長、柴山教授、高橋国際交流推進役が南アフリカ ヴィッツウォーターズランド大学を訪問し大学間連携について協議
2013.10~11 JSPS研究拠点形成事業(B.アジア・アフリカ学術基盤形成型)
/JASSO留学生交流支援制度(短期受入れ)プログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2013」実施
モンゴル、カザフスタン、ボツワナ、タイ、フィリピン、インドネシアより各2名の研修生を受入
2013.11 安達センター長がWFURS Conference2013(ノルウェー)に参加
2014.02 水田前センター長、高崎准教授他がJICAプロジェクトの調査団員としてエドゥアルド・モンドラーネ大学(モザンビーク)等を訪問
2014.04 石山教授、増田副センター長、柴山教授、高崎准教授、別所准教授が参加する「持続可能な資源開発実現のための空間環境解析と高度金属回収の融合システム研究」がJST/JICAの地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)に採択
2014.05 石山教授、増田副センター長、別所准教授がセルビア MMI-Bor他を訪問しSATREPS事業に関する協議
2014.06 インドネシア バンドン工科大学教員が来学。今後の研究教育の協力について協議
2014.08 石山教授、増田副センター長がセルビア MMI-Bor他を訪問しSATREPS事業計画策定の協議
2014.08~09 資源・素材教育センター 資源・素材塾合宿講座および国内研修への協力
2014.10~11 JSPS研究拠点形成事業(B.アジア・アフリカ学術基盤形成型)/JASSO海外留学支援制度(短期受入れ)プログラム「持続可能な国際資源学SSプログラム2014」実施
モンゴル、カザフスタン、ボツワナ、タイ、フィリピン、インドネシアより各2名の研修生を受入れ
2015.05 東京で開催されたJsumit2(日アフリカ鉱業・資源ビジネスセミナー)に参加。国際資源学部および大学院リーディングプログラムと共同でブース展示を実施。
2015.06 増田副センター長、別所准教授がSATREPSに関連してセルビアにてJICAバルカン事務所、鉱業エネルギー省、ボール鉱山冶金研究所及びベオグラード大ボール校を訪問。
2015.08 高崎准教授、別所准教授がSATREPSに関連してボール鉱山冶金研究所およびJICAバルカン事務所を訪問。
2015.08~09 資源・素材教育センター 資源・素材塾合宿講座および国内研修への協力
2015.10 「持続可能な国際資源学SSプログラム2015」実施
モンゴル、カザフスタン、ボツワナ、タイ、フィリピン、インドネシア、ミャンマーおよびモザンビークより計20名の研修生を受入れ
2015.12 緒方助教が一般財団法人国際資源開発研修センターの解析技術研修を実施。
2016.07 ヤンゴン大学にて出向講義を実施。また、ヤンゴン経済大学との大学間協定締結について協議
2016.08 資源・素材塾合宿講座および国内研修への協力
2016.09 資源・素材学会秋季大会(盛岡)において、発表
2016.09 カーティン大学との共同研究実施について協議
2016.10 "「持続可能な国際資源学SSプログラム2016」実施
プログラムの一部にJICAの本邦研修および秋田大学SATREPSプログラムの研修生を受け入れ、計19名の研修生を受入れ"

シンポジウム等の開催

年 月 日 内容
2010.06.05 国際資源学教育研究センター設立記念式典
2010.10.20 ボツワナ外務大臣来学記念シンポジウム
2011.06.30 秋田大学国際資源学教育研究センター第2回シンポジウム
「ボツワナ大学協力協定締結記念講演会」
2011.07.14 秋田大学国際資源学教育研究センター第3回シンポジウム
「JOGMEC・秋田大学連携記念講演会」
2011.10.12 秋田大学国際資源学教育研究センター第4回シンポジウム
「協定締結記念 東カザフスタン工科大学学長講演会」
2012.03.06
2012.03.08
秋田大学国際資源学教育研究センター第5回シンポジウム(東京/秋田)
「日本を支える資源学の最新の取り組み」
2012.07.02 秋田大学国際資源学教育研究センター第6回シンポジウム
「アジアにおける資源探査」
2013.03.13
2013.03.15
秋田大学国際資源学教育研究センター第7回シンポジウム(東京/秋田)
「日本を支える資源学の最新の取り組み」
2013.08.30 第2回秋田大学大学院博士課程教育リーディングプログラムシンポジウム「秋田そして日本発!地下に眠るエネルギー開発の最前線」共催
2013.09.25 秋田大学リーディングプログラム2013国際ワークショップ「資源開発技術の最新動向と次世代型鉱山開発への挑戦」共催
2014.03.04 秋田大学国際資源学教育研究センター第8回シンポジウム(東京/秋田)
「日本を支える資源学の最新の取り組み」
2014.03.06
2014.09.22
2014.9.24
2014レアメタル等資源に関する国際シンポジウム(東京/秋田)「資源経済分野とアフリカ資源開発の最前線:秋田大学のチャレンジ」共催
2014.11.26 第3回秋田大学大学院博士課程教育リーディングプログラムシンポジウム「アジアにおけるレアメタル供給障害―レアアースとニッケル」共催
2015.10 秋田大学大学院博士課程教育リーディングプログラム国際シンポジウム2015「レアメタル資源とその需給―日本に不可欠な白金族金属」共催
2016.02 秋田大学国際資源学教育研究センター第10回シンポジウム(東京/秋田)
「資源学の最新の取り組み」
2017.2 "秋田大学国際資源学教育研究センター第11回シンポジウム
「資源学の最新の取り組み」"
2017.2 秋田大学SATREPSグループ主催公開講演会「環境に配慮した持続可能な資源開発へ~セルビア共和国ボール鉱山地域での取り組み~」後援

国際学会参加及び発表

年月 内容
2011.05 安達教授 5th IWCERT(マレーシア)に参加・発表
2011.05 水田教授 GAC-MAC(カナダ)に参加・発表
2011.06 安達教授 ISIE2011(アメリカ)に参加
2011.06 水田センター長と別所准教授 カザフ民族大学主催国際素材学会に参加・発表
2011.09 水田教授 「日本-南アフリカ 科学技術交流ワークショップ」(南ア)に参加・発表
2011.09 安達教授 22nd World Mining Congress & Expo(トルコ)に参加
2011.09 増田准教授 11th IMWA Congress(ドイツ)、Underwater Technology 2011(ハワイ)に参加・発表
2011.10 高崎准教授 COM2011(カナダ)に参加・発表
2011.11 増田副センター長、柴山教授、高崎准教授が東カザフスタン工科大学にて開催されるカザフスタン独立20周年記念大会参加・講演
2012.05 増田副センター長が9th International Conference on Acid Rock Drainage(カナダ)に参加
2012.06 別所准教授がIAP2012(フランス)に参加・発表
2012.09 増田副センター長が第93回世界鉱業会議(World Mining Congress)組織委員会及び欧州鉱物会議(Europian Mineral Conference)(ドイツ)に出席
2012.09 水田センター長、今井教授が2nd Asia Africa Mineral Resources Conference 2012(インドネシア)に参加
2013.08 安達センター長、増田副センター長が23rd World Mining Congress(カナダ)に参加・研究発表
2013.09 別所准教授がCSC2013(イタリア)に参加・発表
2013.10 増田副センター長がMPES2013(ドイツ)に参加・発表
2013.10 緒方助教がGSA ANNUAL MEETING & EXPOSITION(アメリカ)に参加・発表
2013.11 高崎准教授がEarth2013(中国)に参加
2014.06 増田副センター長がWorld Mining Congress IOC会合(カザフスタン)に日本代表の一人として参加
2015.05 高崎准教授がドイツで開催された「The World of Metallurgy」に参加
2015.5 別所准教授がカザフスタンで開催された「OSKEMEN EXPO 205」に参加・発表
2015.11 高崎准教授がタイ バンコクで開催された「13th International Symposium on Eats Asian Resources Recycling Technology」に参加
2016.09 ボル市で開催された国際会議(IOC2016)に参加、発表
2016.11 緒方助教がカザフスタンで開催された国際会議"Modern Trends in Training Technology Experts and English Language Teaching in the Context of International-Innovative Development of the Repblic Kazakhstan"において発表

現地調査

年月 内容
2011.05 緒方助教がPNG クレーターマウンテン鉱山調査
2011.07 今井教授、学生2名が学生海外短期研修事業によるフィリピン鉱山調査
2011.09 今井教授、緒方助教が学生1名とモンゴル ズーンモド斑岩モリブデン鉱徴地調査
2011.09 増田副センター長、ペルー鉱山調査
2011.12 安達教授、チリの鉱山及び鉱山会社の現状と技術開発の現地調査
2012.02 増田副センター長、チリの鉱山調査
2012.05 緒方助教、PNG Hidden Valley鉱山調査
2012.07 今井教授、緒方助教がモンゴル ルギインゴルおよびハンボグド周辺野外地質調査
2012.09 増田副センター長がボリビア ポトシ鉱山、サンクリストバル鉱山調査およびウユニ資源調査
2012.09 緒方助教が学生1名とモンゴル ハラティアガン鉱床地域調査
2013.07 緒方助教、学生1名がモンゴル ハンボグド現地地質調査
2013.08 緒方助教、学生1名がモンゴル ズーンモッド、ハダットグンおよびハラティアガン現地地質調査
2013.09 増田副センター長がノルウェー、アイスランド、スウェーデン、フィンランドの鉱山調査
2013.09~10 別所准教授、緒方助教、学生1名がカザフスタン Zaysan Lake周辺フィールド調査
2014.06 緒方助教、学生2名がモンゴル バヤンアイラグ、ウンドルサヘル、ズーンモッド、ハラティアガン現地地質調査
2014.06~07 増田副センター長がインドネシア ポンコール金鉱山、ベラウ石炭鉱山調査
2014.08 別所准教授、緒方助教、学生1名がカザフスタン ウスチカメノゴルスク郊外およびザイサン地区周辺フィールド調査
2014.09~10 増田副センター長がチリ カセロネス鉱山、アタカマコーザン、エスペランサ鉱山、チュキカマタ鉱山、コジャワシ鉱山、ロスペランブレス鉱山、エルテニエンテ鉱山調査
2015.06 増田副センター長、別所准教授がSATREPSに関連してセルビアにて現地調査
2015.07~08 緒方助教がモンゴル平原にて現地調査
2015.08 高崎准教授、別所准教授がSATREPSに関連してセルビアにて現地調査
2015.08-09 緒方助教がチリ ソルナシエンテ鉱山にて現地調査
2016.08 緒方助教がドラン・ハル鉱山およびその周辺地域にて現地調査
2016.11 緒方助教がチリ・コピアポにて現地調査

広報誌

年 月 日 内容
2016.10 ICREMER News No.10発行
2017.03 ICREMER News No.11発行
2017.03 ICREMER 活動報告 H26-H27発行