アプリーレ

アプリーレの由来

「アプリーレ」とは、イタリア語で「開く、開ける」という意味です。「積極的に秋田大学の窓を開放する」ことを意識して名付けられました。

秋田大学広報誌〈アプリーレ〉No.30

この度、秋田大学広報誌アプリーレNo.30を発行しました。今号から、既存の「アプリーレ」、学内広報誌「キャンパス季報」、学生向けの「学園だより」 の3誌の機能を統合した広報誌としてリニューアルを図りました。冊子版からタブロイド版となり、デザインを一新。表紙のモデルは本学教育文化学部の学生で す。特集は、「大学生の学力」とし大学生の学力の低下をテーマに、秋田大学が立ち上げた「高大接続教育の実践的プロジェクト」を紹介しています。

~編集後記より一部抜粋~

 

秋田大学70周年