アプリーレ

アプリーレの由来

「アプリーレ」とは、イタリア語で「開く、開ける」という意味です。「積極的に秋田大学の窓を開放する」ことを意識して名付けられました。

秋田大学広報誌〈アプリーレ〉No.37

今回は「産学官連携」を特集しました。近ごろ話題になっている暑さ対策アイテム。秋田大学では珪藻土を利用した冷却アイテム『ひんやりビーズ』を北秋田WATOGA協同組合、北秋田市と共同で開発しました。(桜)

~編集後記より一部抜粋~

 

秋田大学70周年