アプリーレ

アプリーレの由来

「アプリーレ」とは、イタリア語で「開く、開ける」という意味です。「積極的に秋田大学の窓を開放する」ことを意識して名付けられました。

秋田大学広報誌〈アプリーレ〉No.32

今回お届けするアプリーレ32号では、特集として震災時の秋田大学の状況を時系列で追ってみました。日本海側の秋田でも、キャンパスは様々な対応に追われ ました。家族や友人が被災した学生・教職員もいます。それぞれが悲しみと向き合いながら、懸命に暮らしています。こんな時、大学は何ができるのか。引き続 き考えていきたいと思っています。(塚)

~編集後記より一部抜粋~

 

秋田大学70周年