アプリーレ

アプリーレの由来

「アプリーレ」とは、イタリア語で「開く、開ける」という意味です。「積極的に秋田大学の窓を開放する」ことを意識して名付けられました。

秋田大学広報誌〈アプリーレ〉No.76

●秋田大学の地方創生●
「地方創生と秋田大学」をテーマに、秋田県の行政の責任者でもいらっしゃる神部副知事と、秋田県における地(知)の拠点である秋田大学の山本学長による特別対談をはじめ、地方創生センターと各分校等の活動を紹介しています。


クリックすると別ウィンドウで電子ブックが開きます。

:aprire76